横浜にテーマパーク!?米軍施設跡地に誘致の米大手映画会社とは?

今回はちょっと気になるニュースがありました。

ニュースの内容は横浜市西部に広がる米軍施設跡地で、東京ディズニーランド(TDL)並みの規模がある大型テーマパークの構想が持ち上がっているとのことでした。

横浜市と民間地権者、相鉄ホールディングス(相鉄HD)が中心になって周辺の環境も含め計画が進んでいるようで、肝心のテーマパークの事業者として、米大手映画会社の名が挙がっているらしいです。

そこで、今回は横浜市に持ち上がった超大型テーマパークに誘致される米大手映画会社を調査してみました。
「横浜にテーマパーク!?米軍施設跡地に誘致の米大手映画会社とは?」の続きを読む…

【訃報】大林宣彦監督が死去!尾道三部作とは?ロケ地画像が綺麗すぎる!

また一人、偉大な方が亡くなりました。

映画監督の大林宣彦監督が4月10日の午後7時23分に肺がんのため死去したことが分かったということです。

82歳だったそうです。

大林監督と言えば自身の生まれ故郷を舞台にした「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」の“尾道三部作”が有名です。

尾道三部作は、現在でもロケ地巡りなどをする人がいるほど、魅力的な作品で知られています。

そこで、今回は大林宣彦監督の尾道三部作の紹介とその素敵なロケ地画像をまとめてみました。

「【訃報】大林宣彦監督が死去!尾道三部作とは?ロケ地画像が綺麗すぎる!」の続きを読む…

池松壮亮『僕は猟師になった』のナレーションはノーギャラ?予告編がついに公開!!

2008年に出版された著書『ぼくは猟師になった』で近年の“狩猟ブーム”の先駆けを担い、一昨年NHKで放送された、ドキュメンタリー『ノーナレ けもの道 京都いのちの森』で話題となった“わな猟師”・千松信也さんのドキュメンタリー映画『僕は猟師になった』の予告編がついに公開されました。

この映画にナレーションとして池松壮亮さんが参加しているのですが、なんでもナレーションの仕事がノーギャラだったとの情報がありました。

そこで今回は池松壮亮さんが本当にノーギャラだったのか、この映画や千松信也さん、池松壮亮さんの詳細などを調べてみました。

「池松壮亮『僕は猟師になった』のナレーションはノーギャラ?予告編がついに公開!!」の続きを読む…