3年前に前科も!大阪市職員の室尚樹!電車で胸触る!?顔や年収は?

スポンサーリンク



またしても、女性の敵が逮捕されたようです。

今回逮捕されたのは大阪市行政委員会事務局担当係長、室(むろ)尚樹容疑者(46)です。

逮捕容疑は2日午後7時20~35分ごろ、京阪本線中書島-出町柳間を走行中の電車内で、同市内の女性(24)の胸を触ったとする、府迷惑行為等防止条例違反の疑いです。

しかも、この男3年前にも同様の事件を起こして一度逮捕されているようなんです・・・

そこで、今回は室尚樹容疑者の3年前の事件の詳細や顔画像や年収などを調べてみました。

スポンサーリンク



3年前に前科もあった!大阪市職員の室尚樹容疑者!電車内で女性の胸触る!?顔画像や年収は?

室尚樹容疑者の3年前の事件の詳細は?

酒に酔って寝ていた女性にわいせつな行為をしたとして、大阪府警港署は20日、準強制わいせつの疑いで、大阪市行政委員会事務局課長代理、室尚樹容疑者(43)を逮捕した。「女性の胸を触った」と大筋で容疑を認めている。


 逮捕容疑は20日午前0時10分ごろ、JR大阪環状線大正-弁天町間を走行中の普通電車内で、酒に酔って眠っていた30代女性のブラウスのボタンを外し、胸を触ったとしている。被害に気づいた女性が弁天町駅で室容疑者を降ろし、駅員が110番した。


大阪市によると、室容疑者は平成11年4月に採用され、29年4月から行政委員会事務局監査課の課長代理を務めていた。同市は「事実関係を確認し、厳正に対処したい」としている。

引用:https://www.sankei.com/west/news/180920/wst1809200049-n1.html

ほぼ内容的に同じような事件を起こしていますね。

その時は「女性の胸を触った」と完全に容疑を認めて逮捕されているようです。

しかし、大阪市は「事実関係を確認し、厳正に対処したい」と言ってはいるものの解雇などはせずに、そのまま勤務し続けていたということになりますね。

しかも、担当部署も変わっていないみたいです・・・

室尚樹容疑者の顔画像は?

現在のところ顔画像などは公開されていないようです。

続報があれば追記していきます。

室尚樹容疑者の年収は?

とあるサイトによると大阪市の職員の年収は下記のようになるとのことです。

・平均年収:724万5812円
給料(月額):31万6000円
諸手当(月額):13万7951円
総支給給料(月額):45万3951円
ボーナス:179万8400円

かなり、いい額のお給料をもらっているようです。

前回は、解雇にならずに済みましたが、今回は2回目ということもあるので、すべてを失う可能性もありますね。

事件の詳細は?

電車内で女性の体を触ったとして、京都府警下鴨署は2日、府迷惑行為等防止条例違反の疑いで、大阪市行政委員会事務局担当係長、室(むろ)尚樹容疑者(46)=京都市伏見区桃山町泰長老(たいちょうろう)=を現行犯逮捕した。「今は何も話したくない」と供述しているという。

 逮捕容疑は2日午後7時20~35分ごろ、京阪本線中書島-出町柳間を走行中の電車内で、同市内の女性(24)の胸を触ったとしている。


 府警によると、2人は座席に並んで座っていたという。終点の出町柳駅で女性が駅員に被害を伝え、駅員が身柄を確保した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/f61a52954753c460b8d04797387fc82512326bca

みんなの反応は?

これまで公務員試験勉強して、係長になるまでそれなりに努力したはず
それが胸の魔力には 負けてしまうのか?
これで恥ずかしくて 職場のはいけない

最近、こんなニュース立て続けに見聞きしますね。なんか、ほんと、集中しているような…。男性のストレスって、いろんな形で結局は女性に向くのかなって…。健全な男性の皆さんには気分の悪い意見ですみません。でも、女としては、こう思ってしまって、怖くなるんです…。

公務員はこれくらいではクビにならない。
ただ名前が出ているので周りからスケベオヤジだと白い目で
見られていくことに耐えていかなければいけない。

この手の性癖は先ず治らない。確実に同じような事を繰り返していると思うね。

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

公務員の方は、明らかな痴漢行為をして容疑を認めていても解雇にはならないのでしょうか?

前回、どんな理由があって、どんな処分が下されたのかは、定かではありませんが、さすがに今回は懲戒解雇などの重い処分が妥当だと思います。

同じような手口の同じような事件・・・まったく反省してなさそうですし、ほかにも余罪がありそうで怖いですね。

スポンサーリンク





コメントを残す