暴走族の鶴見家族!?中3男子に集団暴行!顔や名前、動機は?

スポンサーリンク



何とも、痛ましい事件がおきて、多数の逮捕者が出たようです。

逮捕されたのは横浜市中、南、保土ケ谷、磯子区に住む高校1年の少年5人とアルバイトの少年1人の計6人です。

逮捕容疑は、男子中学生に殴る蹴るなどの暴行を加え、意識不明の重体にさせたとする傷害の疑いです。

逮捕された6人の内4人は横浜市鶴見区を拠点に活動する暴走族「鶴見家族(ファミリー)」のメンバーだったということで、被害者の中学生とこの暴走族の間でトラブルがあったようです。

そこで、今回は逮捕された6人の顔画像や名前、暴行の動機などを調べてみました。

スポンサーリンク



暴走族の鶴見家族!?中3男子に集団暴行!容疑者の顔画像や名前、動機は?

暴走族の鶴見家族(ファミリー)!?

逮捕された6人の内、4人が横浜市鶴見区を拠点に活動する暴走族「鶴見家族(ファミリー)」のメンバーだったそうです。

ちょっと調べてみましたが、画像や動画などは見つけることが出来ませんでした。

続報があれば追記していきます。

逮捕された6人の顔画像や名前は?

逮捕された容疑者6人も16歳の未成年ということで、現在のところ顔画像や名前は公表されていません。

こんなひどい事件を起こしても名前すら公表されないなんて、都合の良いときばかり子供扱いされるのはどうかと思います。

集団暴行した動機は?

動機としては調べに対し、6人とも容疑を認め「勝手に暴走族の名前を使われた」「暴走族への加入を巡る約束を破られた」と供述しているようです。

暴走族という集団の中で、暴力が正当化され、集団で暴行することに悪気や疑問を抱くことが出来ない環境まで行ってしまったのでしょうか・・・

事件の詳細は?

中学3年の男子生徒に集団で暴行したとして、神奈川県警少年捜査課と保土ケ谷署は12日までに、傷害の疑いで、いずれも横浜市に住む16歳の少年6人を逮捕した。

男子生徒は急性硬膜下血腫などで意識不明の重体。県警は、6人が交代で1対1の格闘を繰り返す「タイマンリレー」と称して、男子生徒に代わる代わる暴行を加えたとみて調べている。

県警によると、逮捕されたのは同市中、南、保土ケ谷、磯子区に住む高校1年の少年5人とアルバイトの少年1人。

逮捕容疑は、共謀して1月4日午後7時半~同11時20分ごろ、同市保土ケ谷区の公園で、同市瀬谷区に住む男子生徒(15)に殴ったり蹴ったりする暴行を加え、頭部などにけがを負わせた、としている。

県警によると、6人は遊び仲間で、うち数人は同市鶴見区を拠点とする暴走族メンバーという。

男子生徒を知っている少年もいた。

調べに対し、6人とも容疑を認め「勝手に暴走族の名前を使われた」「暴走族への加入を巡る約束を破られた」などと供述している。

県警によると、アルバイトの少年が男子生徒を呼び出したといい、県警はほかに関与した人物の有無を調べている。

 男子生徒が帰宅しないのを不審に思った父親が、携帯電話の衛星利用測位システム(GPS)機能で居場所を割り出し、110番通報した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/42fc19f885ba2d90ecb24db84d08dcbaf77d04d4

みんなの反応は?

あまりにも酷い。少年院送致なんかじゃなく普通に殺人事件として罰するべき。

こんなこと出来る奴が更生する可能性は有るのだろうか、理由が下らない、やることがえげつない、結果が悲惨、少年と言う扱いをする意味は有るのでしょうか

驚いた。「暴走族」とか「タイマン」とか、昭和時代の言葉が今のニュースで見られるとは。こうした文化が華やかなりし頃の当事者も今や還暦のあたり、この記事の少年たちなど孫の世代かもしれない。ここは一つ、じいさんとしてお説教を垂れてみてもよいかもしれない。

やってることが暴力団と同じ
情状酌量の余地がない、少年法の枠を超えている

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

名前を使われたとか、約束を破られたとか、本人たちからすれば許せないことだったのかもしれませんが、集団で暴行して良い理由にはなりません。

話し合いで「タイマン」や「リンチ」などと表現はされていますが、明らかな暴行傷害、殺人未遂であり、被害者の少年の今後によっては最悪、殺人事件にもなってしまう行為です。

加害者も16歳ということで、今後は少年院に入れられるのかと思います。

そこで反省すればいいですが、ちょっとした武勇伝くらいにしか思うことなく外に出てくるのであれば・・・救いようがないですね。

スポンサーリンク





コメントを残す