嵐ラストライブは大晦日東京ドームで無観客有料配信!?紅白は?

スポンサーリンク



嵐ファンにとっては、大注目がな報道がありました。

2020年いっぱいで活動休止の嵐のラストライブが大晦日の東京ドームで行われるという情報があるようです。

しかし、大晦日と言えば「NHK紅白歌合戦」へ出場するという情報もあるので、詳細が気になるところでもあります。

そこで今回は、嵐のラストライブ、そして紅白出場はどうなるのか・・・知らべてみました。

スポンサーリンク



嵐のラストライブは大晦日の東京ドームで無観客、有料配信!?紅白への出演はどうなる?

ラストライブは大晦日の東京ドームで無観客、有料配信!?

今朝の報道によりますと・・・

年内いっぱいで活動を休止する人気グループ嵐が、大晦日に東京ドームで“ラストライブ”を行なうことが「週刊文春」の取材で分かった。

11月3日に国立競技場で行なわれた「アラフェス2020」と同様、無観客で有料配信することも検討されているという。

ということでした。

あくまでも「週刊文春」の報道で、正式な発表ではないようです。

しかし、もし開催となればコロナ禍の現状も踏まえ、先日開催された「アラフェス2020」と同様、無観客で有料配信になる可能性が高いですね。

大晦日と言えばの「NHK紅白歌合戦」出場はどうなる?

こちらも正式な発表ではないので、どうなるかは不明ですが・・・

東京ドームでライブを開催する場合は、中継での出演となる可能性があるようです。

しかし、「視聴者を食い合うことになりかねない。現在も水面下でジャニーズ側との話し合いが続いている」ということで、今後の続報に注目ですね。

報道の詳細は?

 年内いっぱいで活動を休止する人気グループ嵐が、大晦日に東京ドームで“ラストライブ”を行なうことが「週刊文春」の取材で分かった。11月3日に国立競技場で行なわれた「アラフェス2020」と同様、無観客で有料配信することも検討されているという。

「2009年以来一度も欠かさず出場している『NHK紅白歌合戦』に今年も嵐が出ることは既定路線。紅白で“有終の美”を飾ってほしいと考えたNHKは当初、司会や大トリでの出場を打診したが、メンバーの同意を得られなかった。単独ライブが同時間帯に行われる場合、紅白には中継で出演する可能性もあるが、視聴者を食い合うことになりかねない。現在も水面下でジャニーズ側との話し合いが続いている」(テレビ局関係者)

さらに当日の夜はジャニーズ事務所のタレントが総出演し、フジテレビが中継するカウントダウンコンサート(通称カウコン)が行なわれる予定もあるが、嵐の出演に関しては不透明なままだ。

「締めくくりに嵐が出演し、事務所のタレントに囲まれながら大団円を迎える企画も検討されたが、最後がフジでは他局にカドが立つ。ジャニーズは判断を保留とし、フジはどちらにも対応できるよう準備を進めています」(同関係者)

1999年にデビューして以来、アイドルシーンのトップを走り続けてきた嵐が何より大切にしてきたのが「ファンファースト」の精神。グループでの活動をいったん休止する彼らが最後のステージに選んだのは国民的歌番組ではなく、ファンのためのコンサートだった。


 11月12日(木)発売の「週刊文春」では、嵐がラストライブを開催するに至った経緯や、来年以降の5人のメンバーの活動、これまでブラックボックスとされてきた莫大な利益を生むファンクラブの会費の使途などについて詳報する。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/787747c401700a53f7dd22d1f41a68faa885abce

みんなの反応

昨日の山P退所といい、報道が先行するのが嫌。
ファンクラブは何のためにあるんだろう。
先に知りたい。
コロナも増えてるから無観客、配信かな?
嬉しいような嬉しくないような。

なんでこういうことを文春から知らなきゃならないんだろう…
ファンクラブから正式発表があるまで知りたくなかった。

この大晦日、5人がそれぞれ何を思い語るのかじっくり聞きたいので、カウコンよりも5人での時間、ライブを優先してほしい。

いいんじゃないかな。紅白には出るけど、司会でも大トリでもないなら嵐の独壇場になるわけでもない。何より嵐5人だけのライブはアラフェスで最後だと思われてたわけだし。無観客なのは少し寂しいけど、それでもファンの人は嬉しいと思う。

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか。

いずれにしてもジャニーズ事務所や嵐からの正式な発表ではないので、今後の情報に注目していきたいですね。

残り1ヵ月半ほどの期間しかありませんが、嵐の5人、そしてファンの皆さんが納得して、活動休止に入る形になれば良いですね。

スポンサーリンク





コメントを残す