伊藤正徳!桜木の自立支援施設で男性を刺殺!顔や動機は?

スポンサーリンク



またしても物騒な事件で逮捕者が出ました。

今回、逮捕されたのは千葉市若葉区桜木の土木作業員、伊藤正徳容疑者(66)です。

逮捕容疑は14日午後9時から11時50分ごろまでの間、千葉市若葉区桜木の施設内で、同じ自立支援施設に住む原口光好さん(58)の胸などを複数回刺した殺人未遂の疑いです。

被害者の原口さんはその後死亡が確認されているので、今後は殺人罪での捜査となるようです。

そこで、今回は伊藤正徳容疑者の顔画像や動機などを調べてみました。

スポンサーリンク



伊藤正徳容疑者!桜木の自立支援施設で男性を刺殺!顔画像や動機は?

伊藤正徳容疑者の顔画像は?

現在のところ顔画像は公開されていないようです。

今後、続報があれば追記していきます。

伊藤正徳容疑者の動機は?

「口論になって腹が立ち、ナイフで刺した」と容疑を認めているとのことです。

以前から2人の間では酒に酔ってのトラブルが起きていたようで、今回も酔っぱらっていたようです。

事件があった場所は?



千葉県千葉市若葉区桜木の「やすらぎの会」という施設のようです。

事件の詳細は?

千葉市若葉区桜木6の生活保護受給者ら向けの共同住宅で入居者の男性を刺したとして、千葉東署は15日、殺人未遂の疑いで、同じ敷地内の住宅に住む土木作業員、伊藤正徳容疑者(66)を逮捕した。

 「口論になって腹が立ち、ナイフで刺した」と容疑を認めている。男性は搬送先の病院で死亡が確認されており、同署は殺人容疑も視野に捜査する。

逮捕容疑は14日午後9時~11時50分ごろ、居住する共同住宅2階の外廊下で、無職、原口光好さん(58)の胸などを正面から刃物のような物で刺した疑い。

同署によると、2人は同じ敷地内の共同住宅に暮らす顔見知りで、数日前にもけんかをしていた。事件当日の夜、原口さんは別の入居者の部屋で過ごしており、建物内で鉢合わせた容疑者と口論になったとみられる。

14日午後11時50分ごろ、共同住宅前の歩道で血まみれの原口さんが、うつぶせで倒れているのを通行人の男性が見つけ110番通報した。原口さんははだしに半袖半ズボン姿で、顔や足にも腫れやすり傷があったという。

共同住宅には男性約100人が住んでおり、建設会社の従業員やNPO法人が支援する生活保護受給者らが複数の棟に分かれて生活している。入居する50代男性は「深夜に警察や救急車が来た時はびっくりした。2人に関するトラブルはよく耳にしたが、亡くなるまでの大事になるとは」と驚いた様子だった。

 現場は千葉市若葉区役所の近くで、千葉都市モノレール桜木駅から西に約250メートルの国道51号沿い。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/705626b965eb0a2eb7c447784ad144478c523ca3

みんなの反応

ここ昔から有るけど、当時から貧困ビジネスやってたんだろうな。
異様な雰囲気だったのを覚えている。

闇が深い事件というか、同じ建設会社の共同施設で片方は働いていて、片方は無職..

生活保護受給者が100人が住んでるなんて凄いな 貧困ビジネスじゃなければいいけど

相変わらず、些細なことでカッとなる人が多いね。やはり年齢は関係しないのかな?

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

しかし、飲酒したうえで、たびたびの口論やトラブルの末、最終的には殺害してしまうなんて、66歳にもなって自制心というものがないのでしょうか。

今後はいやでも禁酒する生活になるかと思いますが、しっかり罪を償ってほしいともいます。

スポンサーリンク





コメントを残す