福井の女子高生死亡事件!犯人は家族!?顔や現場にいた親族とは?

スポンサーリンク



かなり謎の多い事件があったようです。

今回、報道されたのは福井県福井市黒丸城町の住宅で、女子高生の刺殺体が発見された事件です。

遺体が発見された住宅は女子高生の祖父宅で、祖父と女子高生が同居していたということです。

また、第一発見者は父親であり、警察への通報も父親がしたそうなんですが、警察が駆け付けた際には、父親以外の親族もいたということです・・・

そこで、今回はこの女子高生殺害事件の犯人は家族なのかや顔画像、現場にいた父親以外の親族について調べてみました。

スポンサーリンク



福井市の女子高生死亡事件!犯人は家族なのか!?顔画像や父親以外の現場にいた親族とは?

この事件の犯人は家族なのか?

・現場に凶器とみられる刃物が残されていた

・室内に荒らされた形跡がない

などの状況から警察は家庭内の殺人事件・・・つまり犯人は家族、親族とみて捜査を進めているようです。

この事件の関係者の顔画像は?

現在のところ、報道などでも顔画像は公開されていません。

犯人が特定されていないことや事件の詳細が不明なので、今後の進展、続報があれば追記していきます。

父親以外の現場にいた親族とは?

通報があり警察が駆け付けた際に、現場には父親以外にも親族がいたということなんですが、女子高生との関係は分かっていません。

親族なので、母親や兄弟も当てはまりますし、祖父母や従妹、叔父、叔母なども親族となるので、現時点での特定は難しいですね。

事件があったのはどこ?


福井市黒丸城町という地区のようです。

地図で見ると民家が少ないので、すぐに現場が特定されそうですね。

事件の詳細は?

 10日午前0時10分ごろ、福井市黒丸城町の住宅で「娘が倒れていて動かない」と男性から110番があった。

駆け付けた警察官が2階建て住宅の1階で、男性の娘で10代後半の女子高生が倒れているのを発見。病院に搬送されたが死亡が確認された。

女子高生の上半身に刺し傷のようなものがあり、現場には刃物が残されていたことなどから、福井県警福井南署は家族内の殺人事件とみて、捜査を進めている。

同署によると、住宅は女子高生の祖父宅で、祖父と女子高生が同居していた。

室内に荒らされた形跡は見当たらないという。

署員が駆け付けた時、父親の他にも親族が住宅内にいた。司法解剖して死因を調べるとともに、家族らから詳しい話を聞いている。

近隣住民によると、女子高生とその両親が時々訪れ、1人暮らしになった祖父の食事を作るなど世話をしていた。

7月ごろから、女子高生が祖父宅で同居するようになったという。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/db9824923846c320d8c53ee1b9e342acfeb19348

みんなの反応

祖父の家で2人で暮らしていたのに、発見したのが祖父ではなく父親?
で、一緒に暮らしていた祖父はどうしてるの?
何故平日に父親が来て発見したの?
親がいるのに祖父と2人で暮らしてるところから何か事情がありそうだね。

祖父と2人暮らし。
母親はどうしたんでしょう。
父親とも一緒に住んでいなかったのでしょうか?
家庭環境が複雑そうですね。
また詳細が不明ですが、亡くなった娘さんは返ってきません。
事件の詳細が知りたいです。

発見されたのが午前0時だと言うのも、ちょっと訳ありな感じですね、
普段一緒に住んでいない父親がその時間に、発見、
なんでその時間にいたの?
不思議、、

深夜に住民ではない被害者の父親が発見…ってことに違和感。119番ではなく110番に電話しているところも違和感。

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

女子高生というと16~18歳くらいだと思うのですが、祖父と2人暮らしということで、何か家庭環境が複雑というか、謎が多いですよね。

警察としても親族による犯行、家庭内での事件という認識で、捜査しているようなので、状況的に外部の人間による犯行ではないと、ほぼ確定しているということなんだと思います。

今後の進展や続報があれば追記していきます。

スポンサーリンク





コメントを残す