マツキタクヤ逮捕でアクタージュ打ち切り決定!最終話は何号?顔や事件の詳細は?

スポンサーリンク



少年ジャンプファン、そしてアクタージュファンには、かなりショックなニュースですね。

今回、発表されたのは先日、原作者のマツキタクヤさんが強制わいせつの疑いで逮捕された、週刊少年ジャンプで連載中の「アクタージュ act-age」の打ち切り決定というニュースです。

人気漫画の原作者が逮捕されたということで、当初から打ち切りではという噂がありましたが、今回正式に発表となりました。

そこで、今回はアクタージュが実際に打ち切られるのは何号なのか!?そして逮捕された原作者のマツキタクヤ容疑者の顔画像や事件の詳細などを調べてみました。

スポンサーリンク



原作者のマツキタクヤ逮捕でアクタージュの打ち切りが決定!最終話は何号?顔画像や事件の詳細は?

アクタージュの打ち切りが決定!最終話は何号?

報道では36・37合併号の掲載を持って連載終了となるとのことでした。

発売日は8月11日」ということでしたので、ラスト1話のみということになります。

マツキタクヤ!松木達哉容疑者の顔画像は?

ニュース等で公開されているのはマスクをしているので、顔の細部までは分かりません。

今後、続報があれば、追記していきます。

この事件の詳細は?

  「週刊少年ジャンプ」(集英社)は10日、同誌に連載中の人気漫画「アクタージュ」の原作者・松木達哉容疑者(29)が強制わいせつの疑いで逮捕されたことを受け、11日発売の「週刊少年ジャンプ36・37合併号」の掲載をもって連載を終了すると発表した。事態を非常に重く受けた同誌編集部は作画担当の宇佐崎しろ氏と話し合いを持ち「連載をこのまま継続することはできない」と判断。「これまで多くの読者の皆様に応援していただいた作品をこのような形で終了することになり、編集部としても非常に残念でなりません。しかしながら、事件の内容と『週刊少年ジャンプ』の社会的責任の大きさを深刻に受け止め、このような決断に至りました」と連載終了に至る経緯を説明し「ご心配、ご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

2018年1月から連載中。天才的な演技の才能を秘めた女優志望の女子高生・夜凪景(よなぎ・けい)の成長を描く。少年漫画としては珍しい「役者」を題材にした。

警視庁中野署が8日に逮捕。逮捕容疑は6月18日午後8時ごろ、中野区の路上で、塾から帰宅中の女子中学生を自転車で追い抜く際、胸を触った疑い。女子中学生の相談を受けた親が110番。午後9時ごろにも、約2キロ離れた同区の路上で、別の女子中学生が自転車の男に胸を触られており、同署は関連を調べる。

「週刊少年ジャンプ」編集部の発表は以下の通り。

去る8月8日、「アクタージュact―age」の原作担当であるマツキタツヤ氏が逮捕されました。

編集部ではこの事態を非常に重く受けとめて、事実確認の上、作画担当の宇佐崎しろ先生と話し合いを持ちました。その結果、「アクタージュact―age」の連載をこのまま継続することはできないと判断いたしました。

8月11日(火)発売の「週刊少年ジャンプ36・37合併号」の掲載をもって、連載終了といたします。

これまで多くの読者の皆様に応援していただいた作品をこのような形で終了することになり、編集部としても非常に残念でなりません。しかしながら、事件の内容と、「週刊少年ジャンプ」の社会的責任の大きさを深刻に受け止め、このような決断に至りました。ご心配、ご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

編集部はもとより、宇佐崎先生は断腸の思いをなさっていますが、先生をサポートし、また作品を作っていけるよう励んでまいります。

なお、コミックス等の関連刊行物やイベント等各種企画につきましては、関係各所とも協議のうえ、決まり次第お知らせいたします。
引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/c0216c9c2cfc71dfed230c1bf88b35edd9591a3b

みんなの反応

仕方ないが、読者、編集部、出版社…あちこちの人たちにとって晴天の霹靂すぎる。画を描いてた方は悲劇すぎる。

これはもうどうしようもない。将来の復帰の道があるかどうかもわからない。損害賠償額などもとんでもない額になるだろう。
全く、愚かとしか言いようがない。

今までの例とは少し違うからこれは仕方ない。物語もこれから面白くなる展開だったし残念でならない。。
作品に何も罪はないし、作画の宇佐崎先生も気の毒だな。。。なかなか切り替えて難しいだろうけど、まだ若い先生だしぜひとも次の作品でまた応援させてもらいたい。

打ち切りは当然。
まずは早期に正しい判断を下した集英社を評価したい。
あとは被害者が今後作品のファンに逆恨みされる恐れも無くはないので被害者とその家族を出来る限りフォローしてあげて下さい。
まず何よりも優先されるべきは被害者です。

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

事件が事件だけに打ち切りは仕方のないことだと思いますが、連載を楽しみにしていたファンの方たちには残念なニュースになってしまいましたね。

被害者が中学生ということですが、周辺でも同様の被害を受けた人がいるということなども考えると、今後余罪がたくさん出てくるような気もします。

ジャンプ誌上では人気作だったこともあり、今後の舞台化なども決定していたということでしたので、どれだけの人に迷惑をかけることになってしまったのでしょうか。

スポンサーリンク





コメントを残す