彦田嘉之弟「安全運転する方」衝突暴走ポルシェは4000万円!?

スポンサーリンク



今回は高速道路上で起きた最悪な事故の続報です。

8月に入り飛び込んできたこのニュースが今話題になっていますが、容疑者である彦田嘉之の弟からの証言があったようです。

そこで今回は、彦田嘉之容疑者の弟の証言や暴走したポルシェについて調べてみました。

スポンサーリンク



彦田嘉之容疑者の弟が証言「安全運転する方」だった?衝突した暴走ポルシェは4000万円!?

彦田嘉之容疑者の弟が証言した内容は?

「兄は週末ポルシェに乗り、スポーツカーが集まる大黒ふ頭に行っていたので昨日もそこへ向かっていたのだと思います。」

「普段から気が荒い性格ではなく安全運転する方でした」

「普段はポルシェではなく国産の車に乗っていた」

ここにきての弟さんの証言ですが、特に意味はないですよね。

事故を起こして、実際に人を殺しているわけですから、いくら普段温厚で安全運転だろうと、100キロどころか200キロくらい出ていたのではという情報もあるので、間違いなく安全運転ではないですね。

衝突、暴走させたポルシェは4000万円もするらしい!?

彦田容疑者が乗っていた車は「ポルシェ 911 GT2RS」という車種らしく、新車で買うとすると4000万~5000万円するということでした。

下記のHPで見ることが出来るのですが、完全にスポーツカーというか、こんな車に乗ったら誰でもスピードを出してみたくなりそうです。

・ポルシェジャパン公式サイト↓
https://www.porsche.com/japan/jp/motorsportandevents/motorsport/customerracing/racingcars/911-gt2-rs-clubsport/

事故が起きた場所は?



ニュースなどの映像から事故現場はこの辺のようです。

見た感じは見通し良い直線道路で3車線もあるので、100キロ程度ならよほどのことがない限り衝突するような場所ではないと思います。

追い越そうとして衝突したようなので、ありえないくらいのスピードを出して走行していたのではないでしょうか。

この事件の詳細は?

首都高速でポルシェに追突され、夫婦2人が死亡した事故。
容疑者の弟が、複雑な胸の内を語った。

夫婦の命を一瞬にして奪った、まさかの事故。

2日午前8時すぎ、首都高速道路・湾岸線の東扇島インターチェンジ付近で起きた。

会社役員・彦田嘉之容疑者(50)の運転する車が、前を走っていた黒いワゴン車に追突。

ワゴン車に乗っていた内山仁さん、美由紀さん夫婦が、車外に投げ出されるなどして死亡した。

前方が大きく破損した真っ赤な車、高級外国車のポルシェ。

横に止まるワゴン車は、車体の後部が大きくひしゃげ、原形をとどめていない。

その運転席をのぞき込むようにしているオレンジ色の服の男が、彦田容疑者。

過失運転致死の疑いで、3日朝に送検された。

事故のおよそ30分後に撮影された動画には、懸命に心臓マッサージを行う救急隊員の姿が。

事故直後の様子を目撃した人は…。

事故直後を目撃した人「みんな徐行している。車の部品が(道路に)散乱しちゃってて、たぶん女性だったと思うが、放り投げられていて、タオルを頭からかけられた状態で横たわっていた」

その時、彦田容疑者は…。

事故直後を目撃した人「窓に近寄って何か言ってて、その時は(追突された方の)運転手さんは動いていた。(彦田容疑者は)落ち着いてというか、普通に話していたと思う。後ろで人が横たわって、タオルかかっているのにすごいなと思った」

事故直後も落ち着いた様子に見えたという彦田容疑者。

警察の調べに対し、「時速100km以上を出したことは間違いない。出し過ぎちゃった」と供述しているという。

今回の死亡事故を受けて、容疑者の親族が苦しい胸の内を明らかにした。

容疑者の弟「兄は週末、ポルシェに乗り、スポーツカーが集まる大黒ふ頭に行っていたので、きのうもそこへ向かっていたのだと思います。普段から気が荒い性格ではなく、安全運転するほうでした」

彦田容疑者は、親族とともにガソリンスタンドの経営に携わり、普段はポルシェではなく、国産の車に乗っていたという。

彦田容疑者が事故当時に乗っていたポルシェは、レーシングカー並みの加速力を誇り、本体価格だけでおよそ3,650万円。

その後の調べで、追突前のブレーキ痕がなかったことなどから、警察は、内山さんの車を追い越そうとして追突したとみて調べている。
引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/3575773a786c1a9e0b4769119e59dca3ac396613

みんなの反応

車の真の存在意義はなにか。
法定速度をはるかに超えてスピードを出せる車が普通に存在し、それを公道で運転して良いとする意味を、人の命の重さと比較して考えるべき時期が来たのではないだろうか。車が大好きだけれど、自分や大切な人が同じリスクにさらされていると思うと…

弟の「安全運転」の基準が狂ってるだけ。
ということは、弟も同様の事故を起こす可能性が極めて高いので、早急に兄弟揃っての免許剥奪を。

目撃情報と身内の証言、どちらを信じるでしょうか?事故を起こして安全運転って説得力全然ないわ

普段から気が荒い性格ではなく安全運転する方でした。では弟さんは今回の運転をどう評価するの?現実から目を背けるな。2人が命を落としている。それが事実だ。2人死ぬのも普段同様安全運転と言えるのか?子供でも分かる理屈だ。気が荒いとかは関係ないが、その時あなたの兄は人が死ぬ速度で追突したというのが現段階での言い逃れできない真実だ。

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

まぁ身内の発言なので、なんの参考にもならないですね。

いくら普段は安全運転でもあれだけ車が壊れるほどのスピードを出していたとすると、擁護の余地はありません。

「カッコいい車に乗ってスピード出す俺カッコいい」みたいな感覚でいたのかもしれませんね。

そんな自己満で罪のないご夫婦が亡くなってしまったことをしっかり反省させるべきですし、今後一切車を運転すべきではないと思います。

これからお盆休みなどありますが、高速道路も一般道も車の運転は十分注意したいですね。

スポンサーリンク





コメントを残す