河井夫妻をついに起訴! 東京地検が目指す「百日裁判」とは?

スポンサーリンク



あのお騒がせ夫妻がついに公職選挙法違反で起訴されました。

8日起訴されたのは前法相の衆院議員、河井克行容疑者(57)と妻で参院議員の河井案里容疑者(46)です。

起訴内容は公職選挙法違反(買収)で、河井夫妻は共謀し地方議員などに自らへの投票や票のとりまとめを依頼し、その報酬として現金を渡したとされています。

ここで、目を引くワードとして東京地検が申し立てたとする「百日裁判」というワードが登場するのですが、いったいどんな裁判なのでしょうか?

そこで、今回は東京地検が申し立てた「百日裁判」とは何なのかを調べてみました。

スポンサーリンク



河井夫妻を公職選挙法違反で、ついに起訴! 東京地検が申し立てた「百日裁判」とは?

「百日裁判」とは、どんな裁判?

ウィキペディアでは、下記のように記載されています。

百日裁判(ひゃくにちさいばん)とは100日以内に判決を行うという規定から生じた裁判の俗称である。

公職選挙法第213条および同法第253条の2では選挙効力訴訟と当選人の公民権に関わる刑事訴訟について「訴訟の判決は事件を受理した日から100日以内にこれをするように努めなければならない」と規定されている。

規定のとおり努力義務であり、事件を受理した日から100日を超えて判決が出る例もある。選挙の効力、政治家の地位や公民権に影響を及ぼすような刑事事件を早期に確定する趣旨のために規定された。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E6%97%A5%E8%A3%81%E5%88%A4

つまりこういうこと・・・?

公職選挙法に定められていて、公職選挙法違反を犯した選挙に当選した人や関係者に適応される刑事裁判のことのようです。

その他の事件より優先して、事件を受理した日から100日以内の判決を目指すとされています。

ほかの事件よりも優先される理由としては「選挙の効力、政治家の地位や公民権に影響を及ぼすような刑事事件を早期に確定するため」とあり、当選無効などの措置を速やかに下すために行われるようです。

※筆者独自の解釈のため、間違っている可能性がありますので、参考までにお読みください。詳しい方がいればコメント欄まで、ご意見お待ちしています。

この事件の詳細は?

参院議員の河井案里容疑者(46)=広島選挙区、自民党を離党=が初当選した2019年参院選を巡る選挙違反事件で、地方議員らに現金を渡して票のとりまとめを依頼したとして、東京地検特捜部は8日、案里議員と、夫で前法相の衆院議員、克行容疑者(57)=広島3区、同=を公職選挙法違反(買収)で起訴した。特捜部は、克行被告が案里被告の選挙運動を取り仕切る「総括主宰者」だったとみており、地検は100日以内の判決を目指す「百日裁判」を申し立てる。

案里議員は、党公認を得た後の19年3月下旬~6月中旬ごろ、克行議員と共謀し、地方議員ら5人に自らへの投票や票のとりまとめを依頼し、報酬として計170万円を提供したとして逮捕された。克行議員は3月下旬~8月上旬ごろ、91人に計約2400万円を渡したとして逮捕された。

関係者によると、克行議員は一部の現金提供は認めつつ買収目的ではなかったとしているほか、「渡したかどうか覚えていない」とも主張。案里議員も「違法な行為はしていない」などと否認しているという。

検察当局は、克行議員が管理していたとみられる現金の提供先や金額が記載されたリストを押収し、スマートフォンに残された全地球測位システム(GPS)の位置情報などと照合して現金提供のあった場所や日時の特定を進めた。

克行議員は案里議員が党公認を得て以降、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使ってポスター配布や街頭演説、集会開催を自ら決め、陣営担当者に指示していた。案里議員が代表を務める政党支部から陣営スタッフ3人に振り込まれた報酬約220万円も、克行議員の指示に基づいていたという。特捜部は、案里議員の選挙期間中、克行議員が陣営の運動全体を仕切っていたと判断。法定刑がより重くなる総括主宰者だったとみている。

公選法の連座制の規定に基づき、総括主宰者の罰金以上の刑が確定すると候補者は失職する。また、公選法違反で罰金刑以上が確定した候補者は被選挙権を失い、国会法の規定に基づいて失職する。

19年参院選では、改選2議席の広島選挙区に案里議員と溝手顕正・元防災担当相が立候補して保守分裂選挙となり、溝手氏が落選した。夫妻は逮捕前日の6月17日に自民党を離党したが、議員辞職は否定している。
引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/83462f2fbb609429ada8ffd77a52dcd734f07176

みんなの反応

起訴=保釈が普通だが、自白してないから、どうだろう?起訴後勾留して取り調べる腹が座っているかだが、本丸まで行かないと、今度こそ検察は国民から、そっぽを向かれる。意気地なしと。

受けとった議員や市長の刑事責任を問わないのなら、証人として出廷してもらい、河井夫妻を実刑にして頂きたい!そして、自民党本部・安倍晋三・二階まで逮捕して頂きたい!

政治家に甘い判決は許されない!
本当に、ぶち切れそうです

安倍さんの指示は明白だね。二人が証言するかしないか?回顧録を出すかも?なんにしても、政治家には何も期待しない方が良いね。

安倍&二階
トカゲのしっぽ切り

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

河井夫妻共々、買収の意図はなかったとか、覚えていないとか、夫が勝手にやったことなどと白を切るつもりのようですが、受け取った地方議員や首長らなどの証言が多々あるので、言い逃れは難しいのではと思います。

通常の裁判だと1年程度の期間がかかり、ようやく判決になるということでしたので、僅か3カ月程度で判決まで行ける「百日裁判」で早々にケリをつけるのは、河井夫妻に支払われる議員報酬などの無駄な税金を減らす意味では良いのではないでしょうか。

しかも、この事件から派生してもっと大物が逮捕されるなんてこともありそうなので、今後の進展、続報が楽しみですね。

スポンサーリンク





1件のコメント

  • 本日(7月9日)河合夫妻が起訴され、保釈申請されたが、東京地裁が容疑否認のまま保釈したら大問題である。戦後最大の買収事件であり、本丸の安倍の立件が必須の事案である。

コメントを残す