金子芳幸!「邪魔だ」妊婦のお腹蹴り逮捕!その顔や職業、動機は?

スポンサーリンク



今回も信じられないような事件が起きました。

逮捕されたのは、札幌市中央区の無職金子芳幸容疑者(51)です。

逮捕容疑は、当時妊娠7か月の20代の女性に対し「邪魔だ」などと言い腹部を足蹴りした暴行の疑いです。

人のことを蹴るだけでも信じられないのに、妊婦さんのお腹を蹴るなんて、本当にありえません。

そこで今回は、金子芳幸容疑者の顔画像や職業、暴行の動機などを調べてみました。

スポンサーリンク



金子芳幸容疑者!「邪魔だ」と妊婦のお腹を蹴り逮捕!その顔画像や職業、蹴った動機は何なのか?

金子芳幸容疑者の顔画像は?

報道などでは現在のところ顔画像などは公表されていません。

続報があれば、追記していきます。

金子芳幸容疑者の職業は?

ニュースなどでは無職と報道されています。

こんな事件を起こした上に無職・・・救いようがないですね。

妊婦さんのお腹を蹴った動機は何なのか

金子容疑者は警察の調べに対し、

「邪魔でどけろと言ったけど生意気なことを言い返してきた。妊婦だか何だか知らねえけど」

などと言っているようです。

当時、被害者の女性は「子どもの送迎のために7歳と5歳の子どもを両手に連れて歩いていた」ところへ「邪魔だ」と文句をつけ、ちょっと言い返されたからお腹を蹴ったということみたいです。

一部の報道では、被害者が妊婦であることを伝えたのに、あえて前へ回ってお腹を蹴ったということです。

どこまで、最低な男なんでしょうか。

事件が起きた場所は?



北海道札幌市中央区南10条西という地区みたいです。

画像で見る限り歩道はそこまで狭くないと思いますが、親子3人で手を繋いで横に並んでいたら塞がってしまうかもしれません。

しかし、普通の人間なら多少邪魔だと思っても、自分が車道に少し降りて追い抜くという考えが出来ると思います。

この事件の詳細は?

 4月、北海道札幌市中央区の歩道上で妊娠7か月の女性のお腹を足蹴りしたとして、51歳の男が逮捕されました。

暴行の疑いで逮捕されたのは、札幌市中央区の無職金子芳幸容疑者(51)です。

金子容疑者は4月13日午前7時30分ごろ、札幌市中央区南10条西9丁目の歩道上で、子どもの送迎のために7歳と5歳の子どもを両手に連れて歩いていた当時妊娠7か月の20代の女性に対し「邪魔だ」などと言い腹部を足蹴りした疑いがもたれています。

女性は妊婦であることを伝えたものの、金子容疑者は女性の前方にきて暴行したということです。

警察の調べに対し金子容疑者は容疑を認めていて「邪魔でどけろと言ったけど生意気なことを言い返してきた。妊婦だか何だか知らねえけど」などと話しているということです。

犯行後、男はその場から立ち去っていて付近の防犯カメラなどから金子容疑者が浮上したということで警察で詳しく調べています。
引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/926214e7c4cfa36338540e651f960a18048e09b8

みんなの反応

許せん。お腹の子とお母さんの無事を祈ります。
ストレスも良くないですからね。
歩いていた2人のお子さんも、ちゃんと手を繋いで偉かった。
世の中には道路で遊び回る迷惑な子どもも多いのに。
本当に立派な親子ですよ。
それに対して…。溜息しか出んわ。

程度は解らないけど、お腹の中に子供がいるのを解ってて蹴るって下手したらお腹の中の子供が死んじゃうかもしれない。個人的には殺人未遂で裁いて欲しいくらい加害者には怒りを感じます。

弱者に対して強気に出る奴。本当に許せない。

傷害罪でなく、殺人未遂ではないでしょうか?妊婦だと伝えた上にでは、悪質きわまりない。子供も確かに両手に手を繋いで邪魔だと多少はあったかもしれないが、車に引かれる恐れもあるし、実際は身近に凶悪な人が居たことになる。
重たい罪で良いと思う。赤ちゃんは、無事なのだろうか?

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

本当に考えれば考えるほど信じられない男ですね。

おそらく金子容疑者としては「邪魔だ」と言って、道を譲らせて優越感に浸りたかったんだと思います。

それが、意外にも言い返されたのでカッとなって暴行に及んだ、しかも妊婦さんと分かったうえでお腹を狙ったということなんだともいます。

別の報道では、被害者の女性はケガもなく無事だったということでしたが、一歩間違えればお腹の中の子供に命の危険があったことを考えると、ゾッとします。

母親のストレスなどもお腹の中の赤ちゃんには良いことではないので、無事に安心して出産できるように、周りの方は精神的なケアを含めサポートしてあげてほしいと思います。

スポンサーリンク





コメントを残す