辻健太郎!特殊詐欺受け子で逮捕!大学院名や顔、手口は?

スポンサーリンク



またしても、高齢者を騙す詐欺の事件で逮捕者が出ました。

今回、逮捕されたのは、都内にある私立大学の大学院生に通う、辻健太郎容疑者(23)です。

逮捕容疑は、特殊詐欺の受け子をした疑いということで、容疑を認めているようです。

そこで、今回は辻健太郎容疑者の通う大学院名や顔画像、詐欺の手口などを調べてみました。

スポンサーリンク



辻健太郎容疑者!特殊詐欺受け子で逮捕された男の大学院名や顔画像、手口は?

辻健太郎容疑者が通う大学院名は?

報道では「都内にある私立大学・大学院生」と紹介されていますが、具体的な大学名や学部名などは公表されていません。

続報があれば追記していきますが、ご存じの方がいればコメント欄への情報お待ちしています。

辻健太郎容疑者の顔画像は?

マスクをしているので、分かりづらいですが普通の大学生といった感じの男ですね。

辻健太郎容疑者の詐欺の手口は?

「仲間らとともに80代の女性にうその電話をかけ、女性からキャッシュカードをだまし取り、現金50万円を引き出した」

ということです。

辻容疑者自身は受け子ということだったので、キャッシュカードを受け取り、現金を引き出す役目だったのでしょうか。

この事件の詳細は?

特殊詐欺の受け子をした疑いで、私立大学の大学院生が逮捕された。

逮捕されたのは、都内にある私立大学・大学院生の辻健太郎容疑者(23)。

辻容疑者は6月1日、仲間らとともに80代の女性にうその電話をかけ、女性からキャッシュカードをだまし取り、現金50万円を引き出した疑いが持たれていて、容疑を認めている。
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200621-00154805-fnn-soci

みんなの反応

親や祖父母が金を出して大学はおろか院にまで行かせてもらったってのに、詐欺の片棒を担ぐとはね。
親御さんもさぞ悲しんでいることでしょう。

どんなに親しい知人でも、お金の貸し借りはしない方がいい。金の切れ目は縁の切れ目。

大学院まで行って特殊詐欺の受け子をするくらいなら、大学卒業時に就職した方がよっぽどお金になったのに。どっちもパーになってしまった。

たまに社会で働くの嫌で院に行く奴もいる。
親から金出させれば可能だから。
楽してでも金欲しいってとこでは?

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学院まで行っていて、こんなことをして自分の人生が台無しになるということを想像できなかったのでしょうか?

市立の大学であれば4年間で約500万円、大学院は2年間で約200~400万円の学費がかかります。

最大でトータル約1000万円もの学費がかかっているのに、50万円欲しさにしたことですべて水の泡です。

何もなければ無事に卒業して、この先普通に就職して稼ぐ給料も考えると、本当にもったいないことをしています。

被害者の方にはもちろんのこと、大学院まで行かせてくれた親御さんにもきちんと誤って償っていってほしいと思います。

スポンサーリンク





コメントを残す