野津英滉!宝塚市で4人を死傷させたボーガンとは?動機や顔、大学名は?

スポンサーリンク



またしても、凄惨な事件が起きました。

今回、起きた事件は、兵庫県宝塚市の住宅街で男が矢のようなものを放ち4人を死傷させた事件です。

この事件で逮捕されたのは大学生の野津英滉(ひであき)容疑者(23)で殺人未遂容疑での逮捕となりました。

なお、使用された凶器はボーガンで、死傷した4人の被害者はいずれも野津容疑者の親族とみられているそうです。

そこで今回は、野津容疑者が使用したボーガンとはどんな道具なのかや犯行の動機、顔画像、通っていた大学名など調べてみました。

スポンサーリンク



野津英滉容疑者!宝塚市で4人を死傷させたボーガンとはどんな道具?犯行の動機や顔、大学名は?

野津英滉容疑者が使用したボーガンとはどんな道具?

ボーガンはクロスボウとも呼ばれ、海外では狩猟用として、狩猟が禁止されている日本では的当てなどのスポーツ用として使用されている道具だそうです。


※上記はおもちゃなので、安全なものです。

ウィキペディアでは、以下のように説明がされています。

クロスボウ(英: crossbow)は、西洋で用いられた弓の一種であり、専用の矢を板ばねの力で弦により発射する武器である。

漢字圏で弩(ど、おおゆみ)と呼ばれるものとは構造がほぼ同一となっている。ヨーロッパでボルト(Crossbow bolt)、クォレル(またはクォーラル;quarrel)などと呼ばれる太く短い矢を発射する。

木でできた台(弓床)の先端に交差するように弓が取り付けてある。

日本語のボウガン (bowgun) は、株式会社ボウガンの商標名であるため、新聞やニュース番組などではクロスボウを和訳した洋弓銃(ようきゅうじゅう)という呼称が使われいたが、近年では「ボーガン」という表記も使用されている。

中国語では十字弓とも訳される。
引用:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%82%A6

所持や購入に規制はあるのか?

狩猟にも使われる危ない道具であれば、所持や購入にそれなりの規制があると思いますよね。

しかし、ボウガンをスポーツ用品として専門扱うお店にはこのような注意書きがされています。

クロスボウは日本でも愛好家も増えてきて非常に楽しいスポーツグッズですが、所持・購入・使用について明確な規制がございません。

したがって使用方法を誤ると重大な事故になる可能性があります。

使用に関しては弓矢・アーチェリー同様の施設またはそれに相当する安全の確保できる場所で行ってください。

引用:https://www.bodyguard.jp/SHOP/42870/42873/list.html

つまり、所持や購入だけでなく使用方法すらも、明確な規制がなく販売する店舗や購入した個人に任せているということになります。

ちなみに上記の文言を引用させていただいた店舗では、未成年への販売を一切行わないという対応をとっているようです。

間違いなく、使い方を間違えると殺傷能力のある武器や凶器になる道具です。

今回の事件をきっかけに所持や購入、使用について明確な規制ができる可能性もありますね。

野津英滉容疑者の犯行の動機は?

県警は「家族内で何らかのトラブルがあった」とみて、経緯や動機を調べている。

とのことですが、詳しい動機はわかっていません。

野津英滉容疑者の顔画像や大学名などの詳細は?

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/31f8c1ed60f54208a502e53790f597c90d9413f8

顔画像については上記のように公開されていますが」、通っている大学名などの詳細は現在のところ分かっていません。

続報があれば、追記していきます。

事件が起きた場所はどこ

事件現場は兵庫県宝塚市安倉西の住宅街ということです。


場所的にはこの辺になるようです。

この事件の詳細は?

兵庫県宝塚市の住宅でボーガンで撃たれて2人が死亡、2人がけがをしました。
逮捕された大学生は「家族を殺すつもりだった」と話しています。

【消防への通報】
「女性の耳のあたりに矢のようなものが刺さっている」

午前10時15分ごろ、宝塚市安倉西の閑静な住宅街で、40代の女性が首にボーガンの矢が刺さった状態で近所に助けを求めました。

警察や消防が現場の住宅に駆けつけると、ほかにも、和室や台所で70代と40代の女性が頭に矢が刺さった状態で死亡しているのを発見。

さらに、20代の男性も頭に2本の矢が刺さった状態で見つかり、重傷です。

病院に搬送時、意識はあったということです。

【事件直後の様子を見た人は…】
「ストレッチャーに乗せられて、このあたりに出血の痕がついていた。そこの家のドアが開いてて、男の人が出てきて、警察が話を聞いているところを見た」

(容疑者の供述)
『おばさんをボーガンの矢で打ちました』

警察はこの家に住む大学4年の野津英滉容疑者(23)が容疑を認めたため、殺人未遂の現行犯で逮捕しました。

4人のうちけがをした40代の女性は野津容疑者のおばで、ほかの3人は祖母や母親、弟とみられています。

【家族を知る人は…】
「お付き合いもいいし、良い方でしたよ。おばあさんもお母さんもすごく優しいおとなしい方です、頭の低い」

野津容疑者は調べに対し、「家族を殺すつもりでやった」と供述しています。

住宅のリビングからはボーガンが見つかっていて、警察は当時の詳しい状況を調べています。
引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/6ca7e1411235abc9d307151fe0bff9bb4db769cc

みんなの反応

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

それにしても、どんな理由があったのかは今のところはっきりとはしませんが、自分の母親や弟までもを殺そうとするなんて、相当な動機がないと考えられません。

今後、警察の捜査で動機や犯行の状況などが徐々に明らかになるとは思います。

続報があれば追記していきます。

スポンサーリンク





コメントを残す