ミラクル9出演の川島如恵留(ノエル)はハーフ!?高スペックで手話もできる!?

スポンサーリンク



6月3日放送の「くりぃむクイズ ミラクル9」にジャニーズjr川島如恵留さんが出演しました。

如恵留?これで「のえる」と読むそうですが、その名前と日本人離れした顔で、以前から外国人?ハーフ?と話題になっているようです。

さらに、頭もいいようで、かなりの高スペック男子みたいですよ。

なんでも、手話や英語もできるとか・・・

そこで、今回は川島如恵留(ノエル)さんについて、いろいろ調べてみました。

スポンサーリンク



ミラクル9出演の川島如恵留(ノエル)さんは、ハーフなの!?高スペックで英語や手話もできるらしい!?

川島如恵留(ノエル)さんは、ハーフなのか!?

結論からいうと「ハーフではない」そうです。

ご両親ともに日本人ということでした。

ただ、母方のおじいさんが日本人とオランダ人のハーフという情報があるので、8分の1の外国の血が入っているようです。

名前も如恵留(ノエル)という、海外の響きがある名前なので、間違えられやすそうですね。

かなりの高スペックで、英語も堪能?

川島如恵留さんは、その美しい容姿もさることながら、ダンスや歌もかなりのレベルで、ジャニーズ事務所に所属する前に、すでに小学校1年生の時からジャズダンス、高学年になってから他のダンスや演技も習い、2年ほど経験を積んでからオーディションを受け、芸能活動を開始し、2006年4月にスーパーキッズダンスユニットワンダー☆5のメンバーとして歌手デビューしているそうです。

その後、少年隊主演の『PLAYZONE』の映像を観てカルチャーショックを受け、母親の友達からジャニーズ事務所にオーディションがあることを教えてもらい、中学1年生の時にジャニーズ事務所のオーディション受けて入所することになるようです。

それにしても、行動力がすごいというか、目標に向けて努力できる才能がある人なんだと思います。

勉強もできる

ダンスや歌の才能だけでなく、勉強もできるようで、大学は青山学院大学を卒業しています。

これだけしっかり芸能活動をしていたり、歌やダンスにも真面目に取り組んでいるのに、勉強までする時間を作れるのはすごいですね。

英語も堪能

さらに中学1年生の時にフィジー諸島に3週間短期留学したのを皮切りに、イタリアや韓国、ニューヨークにも留学経験があり、2017年2月に1カ月間行った、オーストラリアではホームステイをしながら幼稚園で働いていたそうです。

このため英語が堪能で、メンバーのために通訳をすることもあるとのことでした。

宅地建物取引士なの?

さらに、さらに、「宅地建物取引士」という合格率15~17%と難関の国家資格を取得しています。

これは、ジャニーズ史上初のことで、しかも1発で合格したらしいです。

毎年8割以上の人が落ちる中、1発合格はすごすぎますね。

手話ができるって本当?

川島如恵留さんの名前を検索すると、必ず関連キーワードに「手話」という単語が出てきます。

調べてみるとジャニーズJr.のISLAND TV内で「ノエルと毎日手話を学ぼう」という手話の動画をUPしているんです。

実際の動画は下記のリンクからご覧ください↓

https://j-island.net/movie/play/id/5912

冒頭の自己紹介部分だけでも手さばきが見事ですね。

スポンサーリンク



まとめ

いやーすごい才能のある人ですね。

しかし、ダンスににしても、英語にしても、資格にしても、すべて自分で努力して得たものなので、努力できる才能が素晴らしい人ということなんだと思います。

まだ、25歳と若いし、色々な才能に溢れる人なので、今後も多方面で活躍すること間違いないんじゃないでしょうか。

今後、注目のスター候補生ですね。

スポンサーリンク





コメントを残す