顔特定!ホテル侵入レイプの今敬彰は韓国人!?現場の体液とは・・・

スポンサーリンク



本日も最低な男が逮捕されました。

逮捕されたのは今敬彰容疑者(37)です。

逮捕容疑は、今年1月に渋谷区のホテルの客室に侵入し、1人で就寝中の20代の女性に性的暴行を加えた疑いです。

この今敬彰容疑者は元働いていたホテルの合いかぎを作り、侵入していたそうで、完全に計画的な犯行です。

また、今という苗字から韓国人?なのではという情報もあるようです。

そこで、今回は今敬彰容疑者の顔画像の特定や本当に韓国人なのか、そして現場に残された体液とは・・・などを調べてみました。

スポンサーリンク



顔画像を特定!ホテルに侵入しわいせつ行為の今敬彰容疑者は韓国人なの!?現場に残る体液とは・・・

今敬彰容疑者の顔画像を特定!

時期が時期だけにマスクをしているようですが、こんな最低な男は顔を晒して、注意喚起するべきだと思います。

今敬彰容疑者は本当に韓国人?

今敬彰容疑者が韓国人なのではという情報や憶測は苗字が「今」という漢字1文字だからというのが原因のようです。

韓国では元々日本に比べると圧倒的に苗字の数が少なく「金」だけで、人口の5分の1を占めるそうです。

また、韓国人の苗字のほとんどが漢字1文字で、「今」は【クム】と読み存在するようです。

なので、漢字1文字の苗字の場合、韓国人なのではと憶測がされるようなのです。

今のところ、今敬彰容疑者が韓国人であるという確かな情報はないので、苗字が漢字1文字というところからの憶測であるとしか言いようがありません。

今後、続報があれば追記していきます。

現場に残された体液とは・・・

体液(たいえき)は、動物がなんらかの形で体内に持っている液体である。

生物学的には、動物の体内にあって、組織間や体腔内、あるいは全身に広がった管や循環系の中を満たしているものだけを指す。

一般的には、唾液・汗・精液・尿など、体内外に分泌・排泄される様々な液体も体液と呼ばれることがある。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%93%E6%B6%B2

wikiによると上記の説明になるようです。

この場合、準強制性交で逮捕されているので、現場に残されていた体液は、想像がつきそうです・・・

この事件の詳細は?

ホテルの客室に侵入し、就寝中の女性客に性的暴行を加えたとして、ホテルの従業員だった男が警視庁に逮捕されました。男は合鍵を使って侵入したとみられています。

準強制性交などの疑いで逮捕されたのは、渋谷区にあるホテルの元従業員、今敬彰容疑者です。

警視庁によりますと、今容疑者はことし1月、渋谷区のホテルの客室に侵入し、1人で就寝中の20代の女性に性的暴行を加えた疑いがもたれています。

今容疑者は当時、現場のホテルで受付などをしていて、合鍵を使って女性の部屋に侵入したとみられています。

防犯カメラの捜査や現場に残された体液のDNA型鑑定の結果、今容疑者の関与が浮上したということで、調べに対し、「私はやっていません」と容疑を否認しているということです。
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20200518-00000327-nnn-soci

みんなの反応

ホテルの人が合鍵を使って侵入とか、絶対怖いし、あってはならないことは言うまでもない。
否定してるみたいだけど、体液で確定出来るのか、防犯カメラとか写ってないのか、もし犯人なら言い逃れのできない証拠があれば安心する。

マスターキーだけで無く、緊急時用としてアームロックを解除できる器具も持ち合わせているから変質者のフロントマンがいたら防ぎようがないな。

証拠となる物を残してよく容疑を否認出来ますね。安心、安全を宛にしてホテルを利用されてるはずなのに被害に遭われた女性が気の毒です。

女性に限らず、部屋に滞在してる間はチェーンロックも忘れないようにしましょう。疲れて忘れちゃったかもしれませんが、世の中には変な奴も多いから用心に越したことはないでしょう。ホテル側もチェーンロック忘れないようにという注意努力も必要でしょう。

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

しかし、元職場のほホテルの合鍵を作って侵入するって完全に確信犯ですし、怖すぎます。

今回は女性が標的にされ襲われるという事件でしたが、合鍵があるということは部屋に勝手に入って窃盗なども行える状態にあったということです。

ホテルなので監視カメラがあったり、ロビーに人がいたりするので、安心してしまいますが、鍵を掛けていてもこんな奴がいれば安心して眠ることすらできません。

被害者の女性はトラウマで今後ホテルの利用なんてできなくなってしまうのではないでしょうか・・・

精神的なケアも含め、周りの方には今後被害者を支えていってほしいと思います。

スポンサーリンク





コメントを残す