タイ人フルカワ・ルディーポン!吉祥寺マンションで子供2人殺害の動機や顔画像は?

スポンサーリンク



またしても、痛ましい事件が起きてしまいました。

吉祥寺のマンションで自分の子供2人を殺害したとして、母親であるタイ国籍のフルカワ・ルディーポン容疑者が逮捕されました。

殺害されたのは、フルカワ・ルディーポン容疑者自身の長男と長女で刃物での刺し傷があり亡くなっていたそうです。

事件は、フルカワ・ルディーポン容疑者自身が交番に出頭し「自分の子を殺した」と話したことから発覚したようです。

このフルカワ・ルディーポン容疑者の家族構成や、なぜ子供を殺さなければいけなかったのかなど気になる点が多い事件ですよね。

そこで今回はフルカワ・ルディーポン容疑者の動機や家族構成、顔画像など調べてみました。

スポンサーリンク



タイ国籍のフルカワ・ルディーポン容疑者!吉祥寺のマンションで子供2人を殺害した動機や家族構成、顔画像は?

子供2人を殺害した動機は?

犯行の動機は現段階では判明していないようですが、一部報道では夫とは別居中だったということなので、子育ての悩みや、夫婦関係のもつれなどなどが動機の可能性があります。

続報があれば追記していきます。

フルカワ・ルディーポン容疑者の家族構成は?

家族構成としては、フルカワ・ルディーポン容疑者と夫、長男、長女の4人家族だったようです。

しかし、夫とは別居中で、今回殺害されたのが長男と長女ということでしたので、家族間、夫婦間の悩みがあったものと思われます。

フルカワ・ルディーポン容疑者とは?

名前:フルカワ・ルディーポン
国籍:タイ
年齢:41歳(1979年生まれ?)
住居:東京都武蔵野市吉祥寺本町
職業:会社員

フルカワ・ルディーポン容疑者の顔画像は?

ニュースサイト等でも顔写真等の情報は公開されていません。

今後、情報があれば追記していきます。

事故現場はどこ?


「サンウッド吉祥寺フラッツ」というマンションのようです。

立地的にも吉祥寺駅まで徒歩3分程度と、かなりいいマンションのようです。

階数にもよりますが、家賃は1LDKで約15~17万円、2LDKで約25~28万円みたいです。

購入する場合は間取りや階数、販売時期にもよりますが、7000万~9000万円になるそうです。

家賃などから見ても、それなりに高級な住宅だと思いますし、このマンションに住めていたと考えると、暮らしぶりは悪くなかったのではないでしょうか。

この事件の詳細は?

23日午前11時20分ごろ、吉祥寺駅に近い東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目のマンションの一室で、10代前半ぐらいの男児と10歳ぐらいの女児が血を流して死亡しているのが見つかった。

この直前、同駅東口交番に出頭した住人のタイ国籍の女(41)が「自分の子を殺した」と話しており、警視庁が殺人容疑で調べている。

同庁によると、出頭を受けて警察官が駆けつけると、男児は寝室のベッドの下でうつぶせに、女児はリビングで仰向けに倒れていた。いずれも刺し傷を負い、男児のそばには血の付いた包丁が落ちていた。

女は「殺したのは午前7時半ごろ」と説明しているという。

女は日本人の夫との長男、長女とこの部屋で同居。

出頭時には夫の母親が付き添っていたという。

警視庁は死亡した2人の身元の特定を進めるとともに、詳しい経緯を調べている。

現場のマンションは、吉祥寺駅から北東に約200メートルの繁華街の一角。
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200323-00000059-asahi-soci

みんなの反応は?

吉祥寺のこんなにいいマンションじゃあ裕福だったろうに、何があったのかな

まず義理の母に言えるぐらいには、そして家からの通報ではなく一緒に出頭するぐらいには、関係を築けていたんだろうに、何があったのか……

浮気か金銭問題か
子供はある程度大きくなったから手がかからないだろうに…

一体このタイ人女性に何があったのだろう?我が子二人を殺害する。日本人夫は何をしたんだろう?それにしても住所をここまで詳しく発表するとは。どんな事情でも殺人は極悪非道であることは間違いないものの釈然としない。家庭内暴力の果てか?と想像してみるが軽々しくは言えない。

スポンサーリンク



まとめ

吉祥寺と言えば、今や住みたい街ランキングでNo1の街です。

その地域で、これだけのマンションに住めるということは経済的に困窮していたということはないと思いますので、家族間や夫婦間のトラブルや精神的疾患があったのかもしれません。

しかし、自分の子供、それも2人に刃物を向けるなんて、相当のことがあったに違いありません。

夫とは別居中だったということですが、フルカワ・ルディーポン容疑者の取り調べはもちろん、夫にも何らかの原因がなかったか調査が必要になるかと思います。

今後の情報があれば、追記します。

スポンサーリンク





コメントを残す