埼玉県庁前女性刺殺事件で逮捕の浅野正の顔画像や動機、職業は准教授?

スポンサーリンク



何とも痛ましい事件のニュースです。

埼玉県庁の前で少年鑑別所職員の浅野法代さん(53)が胸などを刃物で刺されて死亡するという事件が起きました。

この事件で、警察は殺害された浅野法代さんの夫の浅野正容疑者(51)を逮捕しました。

調べに対し「刺したことは間違いない」と容疑を認めているということですが、夫婦の間に何があったのでしょうか?

そこで今回は、この事件の詳細や浅野正容疑者の顔画像、動機、職業について調べてみました。

スポンサーリンク



埼玉県庁前の女性刺殺事件で逮捕の浅野正容疑者の顔画像や動機、職業は

この事件の詳細は?

埼玉県庁前で女性が刃物で刺され死亡した事件で、県警は16日、女性がさいたま少年鑑別所の職員、浅野法代さん(53)と明らかにした。

殺人未遂容疑で逮捕された浅野正容疑者(51)とは夫婦で、別居中だったと家族が説明しているという。県警は容疑を殺人に切り替え、夫婦間のトラブルとみて動機などを調べる。

逮捕容疑は、法代さんの胸を刃物で刺して殺害しようとしたとしている。県警によると「刺したことは間違いない」と容疑を認めている。調べに同県越谷市に引っ越してきたばかりだと話しているという。
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200317-00000502-san-soci

浅野正容疑者の顔画像は?

ニュースで逮捕直後の映像として顔が確認できます。

完全に生気のない感じで、うなだれているような雰囲気ですね。

浅野正容疑者の動機は?

被害者の浅野法代さんと浅野正容疑者は夫婦ですが、現在は別居中だということです。

別居の理由などはわかりませんが、何らかの夫婦間のトラブルが動機ではないかと思われます。

いずれにしても、堂々と人目に付きやすいようなところで、奥さんを刺し殺すなんて、相当な動機がないと説明がつきません。

今後の捜査に進展があれば追記していきます。

浅野正容疑者の職業は文教大の准教授だった?

一部の報道では、浅野正容疑者の職業は文教大の准教授だという情報がありました。

確かに、文教大の臨床心理学科の准教授に浅野正という人物がいるのですが、写真等がないため特定には至りません。

一応プロフィールページの自己紹介文を紹介しておきます。

岐阜県で生まれ育ち、大学から東京に出てきました。大学時代は様々な分野の本を乱読しましたが、その中で「無意識の発見―力動精神医学発達史―」という本に出会い、心理学の面白さを知りました。大学院時代は、複数の臨床現場にかかわり関心領域を広げましたが、卒業後環境が変わるとそのほとんどが途絶えました。やはり研究テーマは、5年先10年先まで続けられるものを選ぶべきだと思いました。
大学院後、少年鑑別所と刑務所で12年間勤務しました。非行少年や犯罪者の心理アセスメントが主たる業務です。一時期ロールシャッハテストに没頭しました。当時ある臨床心理士の先生から、「ロールシャッハテストを勉強していることは分かるが、それ以外に何ができるのか」と聞かれ、答えに窮したことを覚えています。折しも、アメリカの大学院に留学する機会に恵まれ、自らの専門領域を広げられました。留学中は主に、被害者支援について研究しました。海外で異文化に適応しようとする努力を通じて、自らも成長できたと思います。他人と異なっていることに不自然さを感じないアメリカ人の気質にも共感を覚えました。
公務員を辞め、大学教員になりました。これまでの経歴を生かし、社会的な視点を大切にした研究を心がけています。被害者支援を中心とした、社会的な実践活動にも力を入れています。

引用:https://www.bunkyo.ac.jp/faculty/human/clinical_teacher/

事件のあった場所は?


ちょうどこの辺に自転車が倒れているのがニュースサイトの映像で確認できました。

本当に埼玉県庁の目の前ですし、県庁前には警備員などもいるのに、一瞬の出来事だったのでしょうか。

みんなの反応は?

とても平和な場所だと思ってました。
奥さんの職場の近くですね。
コロナも怖いけど、人の心も怖い。


今回のコロナが起こり、人の心や世界の在り方が、社会の姿が悪い方に進んでいることが明らかになったように思います。

別居していても
刺すくらいだからさぁ
被害者に恨みあったのかな?
刺された被害者は本当に無念だと思う


ここまで素性を明らかにする必要あるのかな。いろいろあったのは推測できるけど。


夫婦共働き世帯で子なし。DINKSってやつですかね。これが壊れると圧倒的に男が傷付きますね。夫の稼ぎが悪ければなおさらです。

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

犯行現場が県庁前ということもあり、それなりに人通りもあったと思うのですが、それでも奥さんを殺したいという執念みたいなものがあったのでしょうか。

報道が正しければ、文教大学の准教授で専攻は犯罪心理学ということです。

そんな立派な職業に就いている人間でも、恨みや嫉妬にかられ、人を殺すまでのモンスターになってしまう・・・恐ろしい世の中です。

犯罪心理学が専門だったようなので、どこかで冷静になって事件を回避できなかったのかと思います。

いくら憎くても、恨んでいても殺してしまったら何もかも終わりですからね。

スポンサーリンク





コメントを残す