TBS「未来はココまで来た!」で注目の薄毛再生医療がすごすぎた!!

スポンサーリンク



TBSで3月11日に放送の「未来はココまで来た!」で、薄毛の人必見の薄毛再生医療が紹介されます。

番組内のコーナータイトルは「薄毛の悩むすべての人に朗報!再生医療の未来」ということで、薄毛を治す、髪の毛を再生することができるような新しい技術の紹介があるのかも知れません。

そこで今回は、この薄毛再生医療の詳細と番組の内容などを紹介します。

スポンサーリンク



TBS「未来はココまで来た!」で紹介され注目の「薄毛再生医療」がすごすぎた!!

「薄毛再生医療」とは

人間の臓器などが、ケガや病気などで臓器そのものを失ったり、働きが悪くなったりした場合に、その臓器をつくり直して移植する方法を再生医療と呼びます。

しかし、現在のところ実現しているのは人工的に作って細胞や組織を使った再生医療のみで、臓器そのものを作り移植することは実現できていないようですが、人間の体のパーツを新しくつくり交換する、移植する技術を髪の毛に応用することを薄毛再生医療と呼ぶそうです。

薄毛再生医療はいろいろな細胞を生み出すことのできる幹細胞から髪の毛のタネを作り出してそれを移植することで、もう一度自分の髪の毛を再生する技術みたいです。

「薄毛再生医療」の最先端を行く研究者はこの方

転載:https://premium.toyokeizai.net/articles/-/22606

理化学研究所(理研)の生命機能科学研究センターで器官誘導研究チームのリーダーを務めている辻孝さんです。

辻さんはすでにマウスの背中に髪の毛のタネを移植し、髪の毛を生やすことに成功していて、近い将来人間の頭皮への応用が期待させているようです。

番組の内容は

◆未来予想図はココまで実現!
スタジオには、日本のテレビ番組初登場となる未来型ロボットが登場。

総合司会の加藤浩次もかねてから注目していたというボストンダイナミクス社の最新ロボット「Spot(スポット)」だ。

セットの階段を物ともせず動き回る姿に、最年少ゲストのKing & Prince神宮寺勇太も大興奮。

さらに、「渋滞が解消する! 車の未来」や、「刺しても痛くない! 注射針の未来」「薄毛の人に朗報! 再生医療の未来」など、誰もが夢見る未来がどこまで来ているのか徹底リサーチ。

想像を超えた最新技術に驚きの声が上がる一方、開発者らの熱い想いに、ゲストのいとうあさこが思わず涙する場面も。そして、「手で持たなくていい傘の未来」では、2019年の賞金女王、女子プロゴルファーの鈴木愛が登場。

雨の日のプレーがとにかく苦手だという鈴木に、今まさに開発中の「最新の夢の傘」を届けるが…まさかの展開にスタジオは大爆笑となった。
引用:https://www.tbs.co.jp/program/miraikoko_20200311/

番組の内容を見る限りでは「薄毛再生医療」はそこまで大きな扱いではないようです。

しかし、今後の薄毛治療の未来を見せてくれるようなので、チェックしてきましょう。

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

薄毛の再生医療に関しては数年前から実用化すると言われ続けて、ここ最近でようやく少しずつ実用化や再生の可能性が見えてきた技術のようです。

ここで重要になるのは薄毛になった本人の意識の変化で、遺伝だからとか、加齢だからと諦めるのではなく「病気なんだ」という意識を持ち、恥ずかしがらずに専門医に相談してみることなんだと思います。

「薄毛=病気」という考えが増え、通院や治療する人が増えれば、薄毛再生医療ももっと進化すのではないでしょうか。

スポンサーリンク





コメントを残す