釜石ラーメン、とまとラーメンはココで買え!マツコの知らない世界に登場の袋めん紹介します。

スポンサーリンク



3月10日放送のマツコの知らない世界でインスタント袋めんが特集されました。

今回、袋めんを紹介してくれるのは、全国7500種類以上の袋麺を食べた男・大和一朗さんという方です。

番組の予告ではいくつかのおいしそうな袋めんをマツコさんが食べるシーンがあるのですが、その中でも「釜石ラーメン」と「とまとラーメン」がかなり魅力的のようです。

番組放送後には、いつも通り品切れ続出で購入が困難になるかと思いますので、この記事を読んでいるあなた!迷わず購入がおすすめです。

そこで今回は「釜石ラーメン」と「とまとラーメン」が買えるサイトや商品の詳細と番組内容や大和一朗さんを紹介します。

スポンサーリンク



「釜石ラーメン」「とまとラーメン」はココで買える!マツコの知らない世界に登場の袋めん紹介します。

富士本醸造醤油使用!「釜石ラーメン」はここで買える!

富士本醸造醤油使用!あっさりスープとこだわりの縮れ麺!
岩手県 釜石らーめん 6袋セット
価格・・・3,250円 (税込)

購入はこちらから↓

【送料込み】岩手県 釜石らーめん 6袋セット 東北ラーメン/ご当地ラーメン/干し中華麺

釜石市民にとって外食と言えばラーメンだった。
「ごちそうの一杯」「働いた後の一杯」「呑んだ後の〆の一杯」人それぞれに思い出の詰まったラーメンが必ず存在します!
と、いうコンセプトの岩手県釜石市のご当地ラーメンです。

マツコさんも大絶賛の味をぜひご家庭でお楽しみください。

福岡の新感覚ご当地ラーメン!「とまとラーメン」はここで買える!

ラーメンのための福岡県産小麦「ラー麦」と、地元生産のとまとでつくった福岡の新感覚ご当地ラーメン!
福岡とまとラーメン4食セット
価格・・・1,296円 (税込)

購入はこちらから↓

【送料無料 数量限定】福岡とまとラーメン4食セット(SS期間中ポイント5倍)【トマトラーメン 福岡県産 ラー麦使用 袋麺 ご当地 】

麺にはラーメンのために開発された福岡県産小麦「ラー麦」を使用し、スープは濃厚なのに後味さっぱりなJAにじ農協産とまと「桃太郎」100%のスープです。

マツコさんも驚いた味をぜひご家庭でお楽しみください。

「マツコの知らないインスタント袋麺の世界」放送内容は?


1958年に即席麺が登場してから62年。
今もインスタントラーメンは多様化しながら愛され、進化し続けている。
今回は全国7500種類以上の袋麺を食べた男・大和一朗さんが語る「インスタント袋麺の世界」。
18歳の時に、交通事故に遭い、記憶喪失になってしまった。
記憶を取り戻そうと医師の勧めで、幼少の頃大好きだったインスタントラーメンを食べると…。
番組では、ロングセラーとなっている定番袋麺の特徴や味の変化を聞きながら、
スーパーマーケットのプライベートブランドやご当地袋麺を紹介してもらう。
次々に登場するご当地袋麺にマツコの食欲が大爆発!
香り高き「インスタント袋麺の世界」に驚かされる1時間。お楽しみに!
引用:https://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/

すごくおいしそうに食べますね。

豪快な感じが最高です。

飯テロ系をやらせたら日本一じゃないかと思います。

今回、紹介した「釜石ラーメン」と「とまとラーメン」以外の「鳥中華」と「マヨラーメン」も下記の記事で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

「鳥中華」と「マヨラーメン」紹介記事↓

鳥中華、マヨラーメンはココで買え!マツコの知らない世界で絶賛の袋めん紹介します。

全国7500種類以上の袋麺を食べた男・大和一朗さんとは?

名前:大和 一郎
読み:やまと いちろう
生年月日:1968年9月27日
年齢:51歳
出身地:大阪府寝屋川
職業:インスタントラーメン専門店 株式会社やかん亭 代表

大和一朗さんは、株式会社やかん亭というインスタントラーメン専門店を経営している方のようです。

株式会社やかん亭ホームページはこちらです↓
https://yakantei.com/index.html

大和一朗さんのフェイスブックはこちら

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

インスタントラーメンといえども、本当においしそうですよね。

それぞれご当地の特色を活かした商品になっていて、自分でたべるのも良いけど、お土産に買っていっても喜ばれそうです。

でも、今回の放送を機に実店舗、ネット通販共に売り切れが続出しそうです。

放送中からすごい勢いで売れていく可能性がありますし、売り切れた後は転売するやつも出てくるかもしれないので、少しでもほしいと思ったら迷わず買ってしまったほうが良さそうです。

スポンサーリンク





コメントを残す