台湾チア「チュンチュン」可愛い&セクシーな画像や動画、インスタを紹介します。

スポンサーリンク



みなさん突如日本に現れた「チュンチュン」さんをご存じですか?

その正体は、2019年の年末の『週刊ヤングジャンプ』の表紙を飾ると瞬く間に人気に火が付いた、台湾のプロ野球チーム「中信兄弟」(中信ブラザーズ)のチアグループ「Passion Sisters」に所属しているチアガールなんです。

チアガールとしてのダンスなども魅力的なのですが、なんといっても可愛い過ぎるチアガールとして写真集を発売してしまうほど、本当にかわいいのです。

しかも、写真集の内容はかわいいだけではなく、ちょっとセクシーな要素もあるから世の男性を虜にしてやみません。

そこで今回はチュンチュンさんの可愛い過ぎる画像や動画、インスタなど彼女の魅力を紹介します。

スポンサーリンク



台湾チアガールのチュンチュン!可愛い&セクシーなインスタ画像や動画を紹介します。

台湾チアガールのチュンチュンが話題の詳細は?

チュンチュン――その言葉は2020年現在、特定の人を表す言葉として認知が進んでいます。

ネットで“チュンチュン”と検索すると、ほぼ確実に登場するのが、とあるチアリーダー。台湾プロ野球チーム「中信兄弟」(中信ブラザーズ)のチアグループ「Passion Sisters」に所属しているチュンチュンさんです。

かわいすぎるビールの売り子や美人すぎるタクシードライバー……そんなキャッチフレーズで“普通の女の子”にスポットが当たり、話題になることが多々あります。チュンチュンさんも、“かわいすぎる台湾チアガール”として日本でも大きな注目を集めています。

あどけない顔と周りを元気にする無邪気な笑顔、黄色のユニフォームでかわいらしく踊る姿は、ファンが開設したYouTubeチャンネルの貢献もあってかすぐに話題となり、アップされた動画は390万回を突破するものも(記事執筆時点)。

2019年8月には1st写真集が台湾で発売されると、日本でも話題となり11月には正規輸入版が発売(3月中旬にはデジタル版のリリースも決定)した他、2019年12月5日発売の『週刊ヤングジャンプ』で初めて表紙を飾ると、2020年3月5日発売の同誌では再び表紙に登場し、水着姿を披露するなど国内外で認知度を高めています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200305-00000093-it_nlab-ent

台湾チアガールのチュンチュンの可愛い過ぎる画像

この投稿をInstagramで見る

2020/03/05 WEEKLY YOUNG JUMP🔥 #這次有附贈週邊商品喔😏

峮峮Qun🍒(@qun_04)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

#youngjump

峮峮Qun🍒(@qun_04)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

東森真的毫冷啊~~~🥶☃️❄️ #同居世代 #ettoday

峮峮Qun🍒(@qun_04)がシェアした投稿 –

ここで紹介した以外にも、本人のインスタにはたくさんの可愛い写真が投稿されていますので、ぜひチェックしてみてください。

やばい!動いているチュンチュンはもっと可愛い・・・動画はこちら




動いているチュンチュンさん・・・めちゃめちゃ可愛いですし、セクシーですね。

チアガールの衣装がミニスカートで露出が多いということもありますが、体の動かし方やダンスの振り付け、表情がひとつひとつセクシーで大人っぽい感じです。

少女のような笑顔とのギャップが最高です!

みんなの反応は?

チュンチュンむちゃかわいい。でも他のチアもめっちゃかわいいよね。台湾の球場やべー。
ただ野球に集中したいから、日本は今まで通りスポーツっぽいチアでいい。可愛いし動けて踊れる人が盛り上がる。

「◯◯すぎる」には食傷しているが、この人には使ってもいいかも。
球場に行ってこのレベルの子が普通に踊ってたら驚くだろう。試合に集中できなくなるレベルだもの。
Youtube見に行きました。
私には無理です!
あんな子いたら、野球なんて見れなくなっちゃう。
可愛すぎる
確かに本当に可愛い。いや、驚いた。
こんなにドストレートに可愛い!と思ったのは本当に久しぶりです。
純粋な雰囲気が溢れ出ていて、間違いなく超一級の人を幸せにしてくれるオーラがります。心から応援したくなりますね。

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

本当に可愛い・・・というか、可愛い過ぎるというべきなんでしょうか。

スタイルも良いし、なんにより笑顔が可愛いですね。

ダンスもちょっとセクシーで大人っぽいものから、無邪気で可愛らしいものまで、何でもこなす感じで、ギャップにやられてしまいます。

今後もグラビアなどで活躍されると思いますし、何ならテレビにも出ることがあるかもしれませんね。

間違いなく日本の男子の大半が好きなビジュアルをしているので、一気に人気に火が付きそうです。

スポンサーリンク





コメントを残す