こどもの日に「柏餅」の由来は?おいしいお店や簡単な作り方を紹介!!

スポンサーリンク



5月といえばゴールデンウイークから始まり何かとイベントの多い月ですよね。

その中でも代表的なイベントといえば、やはり「こどもの日」ではないでしょうか。

どちらかというと男の子の日みたいな印象の強いイベントではありますが、子供の健やかな成長と健康を願う素敵なイベントです。

そんなこどもの日を代表するアイテムといえば、こいのぼりや5月人形ですが、意外と忘れがちなのが「柏餅」です。

なんとなく柏の葉っぱにくるまれたお餅・・・ということはわかっていても、その由来や作り方、おいしいお店、なんかは意外と知らないのではないでしょうか。

そこで、今回は柏餅を食べる由来やおいしい有名店、簡単な作り方などを紹介します。

スポンサーリンク



こどもの日に「柏餅」を食べる由来とは?おいしいお店や簡単な作り方を紹介します!!

こどもの日に「柏餅」を食べる由来とは?

柏餅を包んでいるのは、もちろん柏の葉。

柏は昔から神聖な木とされており、新芽が出ないと古い葉が落ちないので「子供が生まれるまでは親が死なない」、すなわち「跡継ぎが途絶えない」「子孫繁栄」に結びつき、端午の節供の縁起の良い食べ物となりました。

ちなみに、柏の葉を外表に巻いているものと、中表(裏を外向け)に巻いているものがありますが、これは小豆あんのときは外表に、味噌あんなら中表に巻くなど、中身の違いを表しています。

引用:http://www.i-nekko.jp/gyoujishoku/haru/kashiwa/

こどもの日には欠かせない「柏餅」ですが、「子孫繁栄」という意味が込められていたんですね。

「跡継ぎが絶えない」という理由からも、若干男の子の日というニュアンスが強いのかもしれません。

柏餅のおいしいお店や有名店はこちら

「日本橋屋 長兵衛」の柏餅


京菓子司 「仙太郎」の柏餅

簡単な柏餅のレシピ動画を紹介します

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

こどもの日の柏餅のことが少し分かっていただけたでしょうか。

有名なおいしいお店で買うのも良いし、簡単なレシピがあるので、子供と一緒に作ってみてもいい思い出になるかもしれませんね。

子供の健康と健やかな成長を願う行事なので、しっかりと日本の伝統行事として子供に伝えていくことも重要かもしれません。

スポンサーリンク





コメントを残す