橋本晃典!小学生男児に性的暴行目的キャンプ!?この変態の顔写真や事件の詳細は?

スポンサーリンク



何ともおぞましい事件がまた一つ明るみに出たようです。

今回、再逮捕されたのは橋本晃典被告(28)です。

すでに別の強制性交罪で起訴で起訴されているのですが、昨年8月に小学2年生の男児(8)に性的暴行を加えたとして再逮捕されたようです。

この橋本晃典被告は、ボランティア団体が主催するサマーキャンプに参加しては、小学生の男児に性的暴行を加えていたようで、このほかにも余罪があるとみられています。

そこで今回はこの橋本晃典被告の顔や事件の詳細などについて調べてみました。

スポンサーリンク



橋本晃典!8歳男児に性的暴行の目的でサマーキャンプ!?この変態の顔写真や事件の詳細は?

橋本晃典被告の顔

橋本晃典被告の顔写真等はニュースサイトなどでも公開されていません。

こういう危険な変態の顔は、どんどん晒して注意喚起すべきなのに、なぜ公開されないのか不思議です。

続報があれば追記していきます。

橋本晃典被告とは?

名前:橋本 晃典
よみ:はしもと あきのり? こうすけ?
年齢:28歳(1992年生まれ?)
職業:無職

この事件の詳細は?

小学生の男子児童に性的暴行を加えたとして、神奈川県警宮前署は25日、強制性交の疑いで、東京都練馬区北町の無職、橋本晃典被告(28)=別の強制性交罪で起訴=を再逮捕した。「覚えていません」と容疑を否認している。

再逮捕容疑は令和元年8月7日午前3時15分ごろから約15分間にわたって、川崎市麻生区の宿泊研修施設のトイレ内で、東京都渋谷区の小学2年の男子児童(8)に性的暴行を加えたとしている。

同署によると、男子児童は同施設で2泊3日のサマーキャンプに参加しており、橋本容疑者はキャンプを主催する団体のボランティアスタッフだった。橋本容疑者は、子供の教育を目的とした複数のボランティア団体に所属していた。

同年12月にも、ほかのキャンプに参加した小学5年の男子児童に性的暴行を加えたとして、同容疑で逮捕されていた。同署が押収した橋本容疑者の携帯電話には、児童のわいせつな画像や動画が多数残されていたといい、同署は余罪があるとみている。
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-00000602-san-soci

完全に男児を対象とした小児性愛者いわゆる「ショタコン」というやつですね。

事件の詳細にも「橋本容疑者は、子供の教育を目的とした複数のボランティア団体に所属していた。」とありますが、おそらく性的暴行目的でターゲットを物色するために、そういった団体に参加していたのでしょう。

サマーキャンプという親元を離れて、監視の目も弱くなるタイミングを見計らって最低な犯行に及んでいたのだと思います。

ボランティア団体のスタッフを信じて、送り出した親御さんはかなりショックを受けたはずです。

事件があった場所は?


川崎市麻生区の宿泊研修施設ということでしたが、具体的な宿泊施設までは特定できませんでした。

今後、続報があれば、追記していきます。

橋本晃典被告の住所近辺は?

みんなの反応は?

まさに鬼畜の所業!本当におぞましい!

8歳男児…エイズ等の性病検査を受けさせないといけないし、
本人や親御さんの気持ちを考えると胸が締め付けられる…。
一生のトラウマだろうし、今後何十年も苦しみ続けるかもしれない。

この鬼畜男は直ちに外科病院へつれていき、局部を切断すべきだ。
生かしておくこと自体が許されない。


>>橋本容疑者は、子供の教育を目的とした複数のボランティア団体に所属していた。

ボランティアの目的が男児に対する性的満足を満たすためだったことは明らか。
善良なボランティアの人達のためにも厳しく裁いてほしい。

午前3時に性的暴行を受けた男児の心の傷は計り知れない。海外で性的暴行を受けた人が成人して自分が受けたのと同じような暴行を男児に働いたことがあった。今回被害を受けた男児が歪んだ感情をもって成長しないよう、精神的なフォローをしてあげてほしい。
こういう人間は必ず再犯する。なんとかして欲しいですね。

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

本当におぞましいというか、胸糞悪い事件ですね。

自分の性癖と欲望のためだけに行動して、子供を傷つける最低な変態です。

親御さんや周りの方もショックだったとは思いますが、被害者の男の子たちにはしっかりと心と体のケアをしていってもらいたいです。

また、ちゃんとまじめに子供たちのことを考えてボランティアに参加している人たちもいるし、親元を離れてのキャンプや野外活動などは子供の教育には必要なことだとも思いますので、できればサマーキャンプなどのイベントをなくさないでほしいと思います。

中々難しいとは思いますが、ボランティアがボランティア同士で監視しあったりできるようなシステムを作ってもいいのかもしれません。

スポンサーリンク





コメントを残す