【動画閲覧注意】原因は性的虐待かいじめか?瀬谷駅で自殺の女子高生のツイッターが悲観的すぎる

スポンサーリンク



またしても、心の痛む事件が起きたようです。

横浜市瀬谷区の瀬谷駅で、女子高生(17)が線路に飛び込み自殺を図ったというニュースがありました。

しかし、ただの自殺ではなく、線路に飛び込む様子を自分のスマートフォンで撮影し、その動画を投稿していたようなのです。

ツイッターに投稿された動画はすでに削除されているようですが、youtubeなどには拡散されているようです。

なお、女子高生本人のものとみられるツイッターには自殺までの様子や、自殺の原因とも思われる、実父からの性的虐待やクラスメートからのいじめを受けたような投稿がされていて、世間からは同情する声が多く上がっているようです。

スポンサーリンク



動画は完全に閲覧注意!自殺の原因は性的虐待かいじめなのか?瀬谷駅で自殺の女子高生のツイッターは?

この事件の詳細は?

18日午前6時50分ごろ、横浜市瀬谷区の相鉄線瀬谷駅上りホームで、大和市に住む高校2年の女子生徒(17)が海老名発横浜行き特急電車にひかれた。生徒は全身を強く打ち死亡した。

瀬谷署によると、女子生徒は制服姿で、ホームから線路に降りる様子が防犯カメラの映像に写っていた。自殺とみられ、自宅から遺書も見つかった。

ホームのベンチに女子生徒のスマートフォンが動画が撮影できる状態で置かれていたという。
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00000023-kana-l14

事故があった場所は?

女子高生が撮影したとみられる動画は?

現在のところ、投稿元のツイッターや拡散された先のyoutube内でも規約違反として、削除され見れない状態になっているようです。

しかし、一度ネットの世界に出回った映像なので、検索をかければ閲覧できるサイトなどがあるはずです。

どうしても見たいかたもですが、ショッキングな内容の含まれる動画です。

それでも見たいと思う方は、自己責任で探してみてください。

性的虐待が原因?そのツイートがこちら

いじめが原因?そのツイートがこちら

みんなの反応は?

私は受験にも失敗して、就職にも失敗して。
失敗ばかりの私ですが、それでも生きてます。大学では引きこもりで中退して、2年フリーターして今も仕事ができないからなかなか出世しない30代半ばのおじさんです。

正直、ローンが先行している貧乏だけど、妻子もいて、時々回転寿司とかステーキ屋さんで贅沢できるくらいには生きてます。

若い皆さん。何か悩みがあれば、よかったら相談してください。それが難しいなら不出来な私をどうか笑ってください。


失敗したっていいんだから。逃げたって、案外なんとかなるから。

死んだこの子を引き戻して、教えてあげたい。あなたを大事に思う人が、これから必ず現れたはずだと。数年後には親や集団から自由に出て、好きなことできたのに。
美味しいスイーツにだって出会えたし、きれいだと感じる風景にだって見れたはずなのに。
同じ年ごろの娘がいて、いたたまれない。どうして自分を大事にしてくれなかったのか、涙が出ます。
見出しの最後の部分を見ると一見自業自得に見えるけど、
記事を見ると…、なんだかやるせない話である。


むしろ、見出しの最後の部分はいらない気がする…。

原因は父親の性的虐待ではないか?と聞きました…
やるせない。「死ぬのは良くない、迷惑かけるんだぞ?」って正論を言ったところで、死んじゃいけないってことを1番理解してるのは自殺する本人なんだよな…もちろん沢山の人にトラウマを遺す訳だし、自殺を肯定している訳じゃないです。
自殺志願者の自殺を防ぐために精神的なケアをしたとしても突発的な自殺はどうしても防げない。この子のTwitterを見ましたが自殺願望がかなり強いように見えた。もしこの子が目の前にいたら僕は止められただろうか…
死を選択するまで辛い日々を過ごしてきたんだろうと考えると本当に胸が苦しくなる…やるせない、
本当にやるせない。

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

世間の反応は、大半が女子高生を思いやる意見でした。

学校か家庭・・・どちらかにでも彼女のことを思いやり寄り添ってくれる人が一人でもいれば、こうはならなかったのかもしれません。

当事者ではないので、気持ちや感情、動機などは、簡単に理解できるものではないですが、この事件を受けて学校や家族、友人が今後どう変わるのかが大切なんではないかと思います。

もしかしたら、原因の一つかもしれない父親やいじめをしていたクラスメートは、取り返しのつけないことをしたと自覚し、反省しないといけないと思います。

実際には、それでも許されるものではないので、一生背負って生きていくくらいの覚悟を持つべきです。

スポンサーリンク





コメントを残す