武蔵野音楽大学付属高校で女子生徒を刺した同級生の顔や名前、そして動機は?

スポンサーリンク



また、痛ましい事件が起きたようです。

埼玉県入間市の武蔵野音楽大学付属高校で女子生徒が腹を刺されて重傷を負ったというニュースがありました。

それだけでも衝撃的なニュースなのにさらに衝撃的なこととして、その女子生徒の腹を刺した犯人が同級生だったということです。

校内で起こった事件であり、犯人が不審者などではなく同じクラスのクラスメイトというこの事件の詳細や犯人の顔や名前を調べてみました。

スポンサーリンク



音大付属高で女子生徒が刺された事件の詳細や犯人の同級生の顔や実名は報道されている?

この衝撃的な事件の詳細は?

6日午後0時50分ごろ、埼玉県入間市の武蔵野音楽大学付属高校の学校関係者から「3年生の女子生徒がけがをした」と消防を通じ110番があった。

生徒(18)は腹を刃物で刺され病院に搬送されたが、命に別条はない。

県警狭山署は同日午後、同校3年の女子生徒(18)を殺人未遂容疑で逮捕した。「刺したことに間違いない」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は同日午後0時45分ごろ、校内で同級生の女子生徒の左腹付近を包丁で刺し、けがをさせた疑い。

学校や同署によると、事件が起きたのは同校1階の保健室で、昼休みの時間帯だった。悲鳴を聞いた養護教諭ら2人が駆け付けると、生徒1人が腹部を押さえてうずくまり、もう1人はぼうぜんとした様子で立っていた。床には刃渡り約20センチの包丁が落ちていた。

2人は同じクラスで共に打楽器を担当し、いつも一緒にいたという。

同署は2人の間にトラブルがあったとみて動機や詳しい状況を調べている。 引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200206-00000103-jij-soci

犯人として逮捕された女子生徒は容疑を認めているようで、間違いないようなのですが、気になるのは動機です。

記事では「2人は同じクラスで共に打楽器を担当し、いつも一緒にいた」という表現がされているように仲が良い友達だったのではないかと思います。

しかし、腹をさしていることは事実であり、凶器として刃渡り20センチの包丁を使用しているということなので、年齢から考えても刺せば「死ぬかもしれない、殺してしまうかもしれない」ということがわかると思います。

現在のところ動機などはわかっていないようですが、一時の感情の高ぶりなのか、前々からの恨みなのか、他人にはわからい2人だけの間に何らかのトラブルがあったのは間違いないようです。

犯人の同級生の顔や実名報道は?

色々調べてはみましたが、やはり未成年ということで、実名や顔写真の報道はされていないようです。

続報があれば、随時追記していきます。

武蔵野音楽大学付属高校とは?

学校名:武蔵野音楽大学付属高等学校(音楽科)
住所:〒358-8521 埼玉県入間市中神728
教育内容
・鍵盤楽器専攻
・管楽器専攻
・打楽器専攻
・弦楽器専攻
・声楽専攻

ホームページ:http://www.musashino-music.ac.jp/highschool/

ホームページを見る限り、本当に立派な学校です。

音大の付属高校ということで、被害者、加害者ともに音楽科に所属していたとみられます。

さらに「クラスで共に打楽器を担当」していたとあるので、もしかしたら【打楽器専攻】の生徒だったのかもしれません。

気になる学費は?

・初年度(年額):845,000円
・次年度以降(年額):745,000円
3年通うとなると、2,335,000円の学費がかかるようです。

代表的な卒業生は?

岩佐 朋彦

平成10年本高校ホルン専攻卒業
平成14年本大学卒業

・プロフィール
ハンガリー国立リスト音楽院修了。第7回ヤマハ浜松国際管楽器アカデミー&フェスティバル新人演奏会出演。第7回日本クラシック音楽コンクール第3位入賞(最高位)。第74回日本音楽コンクール入選。ブダペスト・スプリングフェスティバルにオーケストラ、室内楽のメンバーとして2001年、03年に出演。2006年小澤音楽塾メンバー。オーケストラ、吹奏楽、室内楽、スタジオワーク等において活動。スーパー・ドリーム・ウィンドオーケストラメンバー。これまでにホルンを小沢千尋、田中正大、ラスロ・ゼーマン、アダム・フリードリッヒの各氏に、室内楽を甲斐道雄、カールマン・ベルケシュの各氏に師事。現在札幌交響楽団副首席奏者。
引用:http://www.musashino-music.ac.jp/highschool/guide/message/0195/

佐藤 理絵子

平成20年本高校ハープ専攻卒業
平成24年本大学卒業

・プロフィール
2002年、第14回日本ハープコンクールジュニア部門3位入賞。 2008年、第4回ヴェラ・ドゥーロヴァ国際ハープコンクール審査員特別賞受賞 (モスクワ) 。 2009年、第21回日本ハープコンクールプロフェッショナル部門4位入賞。 2011年、第23回日本ハープコンクールプロフェッショナル部門優勝。 2013年、第1回The Harp 21 Century 国際コンクール 2位入賞 (モスクワ) 等受賞歴多数。稗島律子、菊池好志子、井上久美子の各氏に師事。
引用:http://www.musashino-music.ac.jp/highschool/guide/message/0195/

谷 友博

平成元年本高校声楽専攻卒業
平成5年本大学卒業 平成7年本大学院修士課程修了

・プロフィール
第7回(財)江副育英会オペラ奨学生としてミラノ音楽院に学ぶ。第68回日本音楽コンクール第1位、第35回日伊声楽コンコルソ第1位、第4回ピストイア・コンクール・オペラ部門第1位、他国内外で受賞歴多数。1999年藤原歌劇団公演「ラ・ボエーム」でデビュー後、「椿姫」でジェルモンに抜擢され、新国立劇場では「ルチア」「イル・トロヴァトーレ」と大役で好評を博した。現在も藤原歌劇団を中心に、オペラ、コンサート等で 幅広く活動している。武蔵野音楽大学講師、同附属高等学校講師、および東京藝術大学講師。藤原歌劇団団員。
引用:http://www.musashino-music.ac.jp/highschool/guide/message/0195/

事件のあった学校の場所は?



地図で見る限りでは、ちょっと住宅地から登った山というか丘の上にあり、周りを木々に囲まれた静かな場所にあるイメージですね。

音楽科ということで、絶えず誰かが楽器を弾いたり、叩いたり、歌ったりしているので、周囲に迷惑にならないようにという配慮がある立地なのかもしれません。

みんなの反応は?

突発的な行動でなく、刃物を持っていたという事は日頃からトラブルがあって加害者側が限界に達したのだろう。
普通なら、高3は今受験シーズン真っ只中なのに、何があったのだろう!
卒業間近の3年生
進学に関して何かしらあったのだろうか?
動機はなんだったのだろう

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

やはり気になるのは動機ですよね。

みんなの反応にもあったように高校3年生ですし、あと2か月くらいで卒業という時期に何があったのか、本当に我慢できないようなことがあったのか気になるところです。

卒業して大学に行くなり、就職するなり、新しい環境に行ってみれば、考えが変わってこんな事件を起こさずに済んだかもしれないのに・・・

もちろん被害者の女子生徒のことが心配ですが、加害者の親御さんの気持ちを思うとやるせない気持ちになります。

また、卒業間近というタイミングでこんな事件に遭遇してしまったほかのクラスメイトの子たちにもしっかりとしたケアをしてあげてほしいところです。

スポンサーリンク





コメントを残す