鈴木杏樹の不倫報道の一番の被害者「貴城けい」元宝塚宙組スターはどんな人?

スポンサーリンク



あの女優、鈴木杏樹が不倫しているとの衝撃的ニュースがありました。

朝の情報番組への主演やドラマや映画の役柄などから清楚で常識のある女性のイメージが強い人でしたが、不倫騒動で名前が出てくるとは意外でした。

その相手は歌舞伎役者の喜多村緑郎という人みたいなのですが、不倫というからには、どちらかが既婚者ということになりますよね。

鈴木杏樹のほうは2013年に外科医の夫と死別しているので現在はフリーの身なので、喜多村緑郎が既婚者であるということになります。

つまり、この不倫の一番の被害者は喜多村緑郎の奥さんで、元宝塚宙組スターの貴城けいさんだということです。

そこで今回はその一番の被害者である貴城けいさんについて調べてみました。

スポンサーリンク



鈴木杏樹の不倫報道の詳細は?被害者の「貴城けい」元宝塚宙組スターはどんな人?

ちなみに、不倫騒動の詳細はこちら

 ドラマ「あすなろ白書」(フジテレビ系)でブレイクし、近年も「相棒」(テレビ朝日系)、NHK連続テレビ小説「なつぞら」などで好演をみせる女優の鈴木杏樹(50)。そんな彼女が、妻のいる俳優と不倫関係にあることが「週刊文春」の取材で分かった。

その男性とは喜多村緑郎(51)。2013年に元宝塚歌劇団宙組トップスター・貴城けい(45)と結婚。一方の鈴木は1998年6月に外科医と結婚するが、2013年に死別している。

2人の出会いは、昨年10月から1カ月にわたり京都南座で催された舞台での共演だった。深い仲になったのは昨年の暮れのことだという。

「全公演終了後に2人を含めた東京在住の共演者が都内で打ち上げを行ったそうです。その席で2人は意気投合。それ以降、喜多村さんは『あの子はホントいい子よ。あの子の舞台は全部観に行きたい』と隠すことなく周囲に好意を公言するようになったというのです」(舞台関係者)

「週刊文春」取材班は、今年1月、2度にわたってデート現場を確認している。

1月30日には、昼過ぎから1時間半にわたって千葉市美浜区で海岸デート。2人は人目もはばからずハグやキスを繰り返していた。その後、鈴木がハンドルを握る高級外車で、ラブホテルへと消えていった。

2月3日、「週刊文春」取材班は2人を直撃。鈴木杏樹は「ちょっと急に言われても。何を申し上げていいか……」、喜多村は「交際というか……」などと不倫を否定せず、言葉を濁すだけだった。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200205-00031860-bunshun-ent  

二人とも否定はせずにはぐらかしているようですが、キスやハグをする姿やラブホテルに入るところを目撃されているようなので、完全に黒なんではないでしょうか。

昨今、芸能人の不倫の代償はすごいことになるとわかっているはずなのに、いい大人が我慢できないもの何ですかね。

不倫された妻、貴城けいさんってどんな人?

名前:貴城 けい
よみ:たかしろ けい
本名:神田 理絵(かんだ りえ)(旧姓:都築)
生年月日:1974年5月22日
年齢:45歳
出身地:東京都世田谷区
職業:女優 元宝塚歌劇団宙組トップスター

宝塚時代の華麗な経歴

1992年:宝塚歌劇団入団
1993年:雪組に配属
2004年:宝塚90周年の一環として星組・月組に特別出演する
2006年:宙組トップスター就任
2007年:宝塚歌劇団退団、以降女優として活躍。

貴城けいさんのブログやインスタは?

ブログはこちらです

https://ameblo.jp/kei-takashiro/

https://ameblo.jp/kei-takashiro/から転載

最後の写真に関しては、ご主人の喜多村緑郎(写真の左)と一緒にご主人の実家に帰省したときの様子をアップしたものです。

一部の報道では喜多村緑郎が鈴木杏樹に「奥さんと別れようと思っている」と言っていたようですが、この写真を見る限りは仲が良さそうにも見えます。

しかし2019年の年末で、完全に不倫関係にある時期なので、この喜多村緑郎がどちらにもウソをついていた可能性があるのではないでしょうか。

不倫するような男は、簡単に都合の良いウソをつきますからね・・・

インスタこちらです

https://www.instagram.com/keitakashiro_official/?hl=ja
アカウントはあるようですが投稿はまだされていないようです。

鈴木杏樹の不倫報道!みんなの反応は?

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

貴城けいさん、とてもきれいな方ですよね。こんな最低なことをする夫とは慰謝料がっぽりもらって、次の幸せに向かっていく方がいいような気もします。

また、鈴木杏樹のほうに関しては、どこにも同情の余地もありません。

今後、仕事を失うなり、世間からの厳しいバッシングがあるかと思いますが、傷つけた人がいるということをしっかり認識し十分に反省してもらいたいものです。

と、いっても我々には直接関係のないことですし、素敵な女優さんなので本業で頑張ってまた素晴らしい作品を見せていただきたいところです。

スポンサーリンク





コメントを残す